10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理

MENU
使い方
TOP>ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理>10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽…
スポンサードリンク

10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理

10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
この項目の修正・提案をする
10月になるとかなり涼しくなり、ゼラニウムにとって過ごしやすい季節になります。ただ、寒冷地では霜が降りる地域もあります。霜に当たれば一発で枯れてしまうので、霜が当たらない軒下で管理するか、室内に取り込みます。室内に取り込むのが無難です。
まとめ
●涼しくなってゼラニウムは開花する。葉っぱもイキイキとしてくる。
●土が乾いたら水やりをする。
肥料を10日に一回程度やる。液体肥料で。
●霜が降りる前に室内に取り込む。
●ゼラニウムもペラルゴニウム挿し木に適した時期。

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
土が乾いたら水をやる
土が乾いたら水をやります。10月になるとかなり涼しくなるので、環境(気温・日当たり・風通し・株の勢い)にもよりますが8月9月に比べると水やりの頻度は下がります。涼しいことで10月はよく生育して水を吸い上げるので、プラスマイナス…まー、やっぱり水やりの頻度は減ります。水やりをする前に土に触ってみて、乾いていたら水をやります。水やりすぎて過湿にすると根腐れします。
●受け皿の水は捨ててください。放置していると根腐れしやすいです。
●水をやるときは花に水がかからないようにする。花がしぼんでしまうので。
●水をやるときは鉢底の穴から水が出てくるくらいにしっかりとやってください。
●寒冷地では寒さで枯れるかもしれない。水やりを減らすことで植物の体液が濃くなって寒さに強くなる。水やりを控えてください。

肥料
9月10月は涼しくなるとよく生育し、開花もしますが、11月以降は寒さで縮こまってしまいます。寒さに耐性をつけるためにカリ成分の多い液体肥料を10日に一回か二週間に一回ほどやります。
●リン成分はあってもいい。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替えはしません。
挿し木
ゼラニウム・ペラルゴニウムは10月に挿し木出来ます。ペラルゴニウムは9月10月が挿し木の時期で、この時期を逃すとまずいので忘れないように挿し木します。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで管理
ゼラニウム・ペラルゴニウム類は全て霜に当たると枯れます。霜が降りるような気温でも霜にさえ当たらなければ戸外で越冬することもあるのですが、それも0度前後で枯れるので、霜が降りる地域では霜が降りる前に取り込みます。
●室内で管理するときは、暖房の風が直接当たらない場所にする。暖房の風はカラッカラで直接当たると葉っぱがポロポロと落ちる。直接当たらなければいい。また冬は加湿器をかけて50%にする。
●昼間に暖房を焚いている部屋では寝る時に暖房を切っても、夜中に5度以下になることはほとんどない。ただし、窓の近くは外気に近くて夜中に氷点下になるので、寒波がくるときは夜中は窓から離して管理する。

ペラルゴニウムは寒さに当てる
ペラルゴニウムは寒さに当てることで花芽ができます。寒さというのは15度以下で、まー、普通の家なら冬の間に15度以下にならないなんてことは「あり得ない」のですが、温室・サンルーフ・床暖房高気密高断熱の家ならば、場合によっては寒さに当たらず、花芽が出来ないことがあります。

その他

この項目の修正・提案をする
寒くなると、害虫は減ります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理の仲間


ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用