クナウティアの育て方

TOP > マツムシソウ科 > 更新日

クナウティア(ヒメマツムシソウ・アカバナマツムシソウ・ワイルドスカビオサ)

クナウティア
科名マツムシソウ科
属名クナウティア属
学名Knautia
別名ヒメマツムシソウ・アカバナマツムシソウ・ワイルドスカビオサ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

クナウティアの育て方

クナウティアの育て方
文章の修正育て方の概要
宿根草。耐寒性多年草。多年草だが株自体が短命で毎年同じ株が開花するというよりは、こぼれダネで更新していく。秋に蒔いて、それが開花するのは翌年ではなく翌々年。苗を買って植えるのが一般的。夏の暑さにも冬の寒さにも強い。
苗で育てるなら超初心者向け。
大きさ・草丈・樹高
60cmから90cm
まとめ
●秋にタネを蒔いて開花するのは翌々年。春に苗を植えるのが一般的。
●夏の暑さに強い。寒さにも強いが凍結は避ける。
水やりは普通。土が乾いてから水をやるようにする。
肥料はあってもいいし、なくてもいい。
●日光のあたるところで育てる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正クナウティアは過湿にすると根腐れし、乾燥しすぎると生育が悪くなる。まぁ、普通の水やりです。
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。土が濡れている間は水やりをしないでください。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
肥料
基本的に肥料はなくてもいい。でも肥料があるとよく育つので、庭植えなら春に緩効性固形肥料を一回やる。鉢植えになら春と秋に一回ずつ緩効性固形肥料をやる。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
文章の修正植え替え・植え付け時期
秋か春にタネをまくか、春に苗を買って植え付ける。苗はネットで買う。秋にタネを蒔いた方がよく開花する。
用土
本来はアルカリ土壌を好むらしいが、中性ならば問題なし。一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。
植え付け方法
鉢植えの場合は鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰を混ぜ込み、耕して掘り出した土に腐葉土を3割混ぜて、株を植えて水をやって完成です。株間は30cm。
●草丈が高くなる種類なら支柱を立ててやる。
●植え付けてしばらくは乾燥しないように水をやる。

種まき
9月10月に種まきをします。発芽温度は15度から20度。用土を入れた育苗箱や鉢に種まきをして土を5mmほど被せます。発芽までは二週間。乾燥しないように水をやってください。霧吹きでやるといいです。日陰で管理します。本葉が4枚以上になったら庭や鉢に植え替える。

管理場所・日当たり

文章の修正日光を好む。日光に当てないと徒長するし花が減る。一年中日光に当てる。夏の直射日光にも強い。

耐寒温度マイナス10度。冬はロゼット状で過ごす。霜に当てると葉っぱが傷んだり地上部がなくなるが、根まで死んでいなければ春には芽吹く。土が凍結すると根まで枯れるので腐葉土やワラでマルチングをして凍結を防ぐか、鉢植えの場合は凍結しないところに移動させる。
暖地では戸外で常緑で越冬する。

その他

文章の修正病害虫
ほとんどない。
剪定
花がしぼんだら摘む。放置していると種子を作り、種子をつくると次の花が咲きにくくなり株や弱りやすくなる。また花が腐って病気になることもある。

特徴・由来・伝承

文章の修正地中海原産のマツムシソウっぽい花。ただし属が違う。クナウティア・マケドニカやクナウティア・アルベンシスが流通している。濃い赤花が咲く原種の「マケドニカ」は草丈が高いが品種改良によって40cmくらいに抑えられたもの(品種名マースミジェット)が流通している。クナウティア・アルベンシス(アーベンシス)は見た目がほぼマツムシソウ(スカビオサ)。ただしマツムシソウより害虫に強い。

関係記事・人気記事

スカビオサ

スカビオサ
[概要] スカビオサはマツムシソウ科の一年草もしくは多年草。日本にはマツムシソウ(Scabiosa japonica)が自生している。園芸店で流通しているのは大抵は「スカビオサ・アトロプルプレア(西洋マツムシソウ=一年…

オリーブの葉が枯れてきた

オリーブの葉が枯れてきた
[+[まとめ] ●オリーブは乾燥に強いだけで、水は欲しがる植物。水が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。 ●木を固定するのに針金を巻いている場合があります。これを外さないと、成長を阻害したり、食い込んで…

ミニヒマワリ

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…

ゴテチャ

ゴテチャ(クラーキア属 )
矮性処理した品種は背丈が20センチほどですが、矮性処理していないものは80センチ前後と大きく育ちます。矮性処理していないものは背が高くなり、風や雨ですぐに倒れます。支柱をしましょう。 [[秋に種を撒…
管理用リンク
管理用