リューカデンドロン(レウカデンドロン)の育て方

TOP >ヤマモガシ科>>管理

リューカデンドロン(レウカデンドロン)

リューカデンドロン
科名ヤマモガシ科
属名リューカデンドロン属
学名Leucadedron salignum
別名レウカデンドロン
水やり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. リューカデンドロンの特徴は?
  2. 庭植えの水やり
  3. 鉢植えの水やり
  4. 肥料
  5. 植え付け・植えかえ
  6. 管理場所・日当たり
  7. 剪定
  8. 病害虫
  9. 特徴・由来・伝承
  10. SNSボタン・関連記事

リューカデンドロンの特徴は?

リューカデンドロンの特徴は?
文章の修正リューカデンドロン(レウカデンドロン)は南アフリカ原産のヤマモガシ科ギンヨウジュ属(レウカデンドロン属)の半耐寒性常緑低木雌雄異株で雄花の方が色が鮮やかですが、花もちがいいのは雌花の方。

寒さにはまぁまぁ強いが、夏の暑さには強いが多湿が苦手。暖地では庭植えも可能です。関東以西では鉢植えが無難です。
樹高種類にもよるが日本に流通しているのは1mか2m。種類によっては10mになるものもあります。
リューカデンドロン苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

庭植えの水やり

庭植えの水やり
文章の修正庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。

鉢植えの水やり

鉢植えの水やり
文章の修正とにかく乾燥気味に管理します。過湿にすると腐ります。

鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
乾燥気味にしないといけないんですが、あんまりに水やりを控えてしまうと、葉っぱの先から枯れ込んできます。

水やり三年…水やりは難しい。(初心者向き)
ガーデニング基礎知識・雑学

夏の水やり

文章の修正夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。

冬の水やり

文章の修正冬はさらに控えめにして、土が乾いてから数日経って水をやります。冬に水をやりすぎて根腐れして枯れてしまうことが多い。水をやるときは、朝にやります。昼以降に水をやると水が明け方に凍って枯れてしまうかもしれません。

肥料

文章の修正リューカデンドロンは根から有機酸を分泌して、通常の植物なら吸収できないような土壌からリンを吸収する機能があり、リンの入った肥料をやると枯れるので、液肥はやらないでください。春と秋に窒素系の肥料(硫安や硫酸カリウム)をやります。
硫安の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
硫酸カリウムの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

時期・頻度

文章の修正鉢植えは2年か3年に一回植え替える。鉢底から根が出ていたら植え替える。植え替え時期は春(3月〜5月)。春でも気温が高くなってから(最高気温20度以上)にします。庭植えは植え付けしたら植えっぱなし。株が小さい場合は寒さに弱いのでまずは鉢植えで2年か3年育ててから庭植えにするほうが無難。
根詰まりすると下葉から枯れ込んできます。

用土

文章の修正水はけの良い、酸性の土でないとダメ。鹿沼土5砂3ピートモス2を混ぜたものに肥料をいれずに使います。もしくはブルーベリーの土でもいいです。
ブルーベリーの土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植え

文章の修正鉢植えの場合は、鉢底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで土が出ないようにしてから鉢底石軽石)を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。

植え替えをするときは、土を落とさず、根をいじらないでひと回り大きな鉢に植え替えます。根が弱いので、根はいじらないようにしましょう。大きく植え替えていくと限界があるので、庭植えにするか、挿木で更新して栽培を継続します。

庭植え

文章の修正庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土と成分未調整ピートモスを3割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

挿し木

文章の修正リューカデンドロンは株分はできませんので、挿し木で株が増やせます。10センチほどの枝を切って(切り口を斜めに)、赤玉土単用の土に挿して、乾燥しないように明るい日陰で管理していると、発根します。発根までは一ヶ月か二ヶ月かかります。

管理場所・日当たり

文章の修正春と秋は日当たりで管理する。また、リューカデンドロンは蒸れが苦手なので、風通しの良い場所で管理します。

文章の修正夏の暑さと直射日光には強いが、多湿に弱い。夏は水やりを控えめにし、風通しの良いところで管理します。夏は日当たりより風通しを優先しましょう。
あんまりに乾燥するならば、株元を腐葉土などでマルチングする(乾燥予防のため)。

越冬

文章の修正耐寒温度は0度。0度から5度くらいのときに降りる霜なら枯れないが、マイナス5度前後のときに降りる霜には枯れる。雪が積もると枯れたり枯れなかったりするので、暖地であれば戸外で越冬できますが、中間地であれば鉢植えにして冬は室内で管理します。
文章の修正寒風は寒いだけでなく乾燥しているため、寒風にあたると葉っぱの先から枯れ込んでくるので、寒風が当たらない場所で管理しましょう。
文章の修正土が凍ると枯れますし、根に冷気があたると根を傷めてしまって枯れます。庭植えしてしまって寒波が来るならば、株元に腐葉土でマルチングして寒さを予防します。

剪定

剪定
文章の修正伸びすぎたら、半分ほど切り戻すと切ったすぐ下の葉っぱの根元から脇芽が出てきます。剪定は春のうちにするといいです。

病害虫

文章の修正害虫は、ほとんど見られない。病害虫より、水のやりすぎでの根腐れの方が問題です。

特徴・由来・伝承

文章の修正南アフリカ原産のヤマモガシ科の植物。その後、オーストラリアなどで品種改良されました。鉢植えはわりと春から秋にかけて出回っているけど、大量じゃ無いのでネットで買ったほうが早いと思う。切り花としても長持ちで結構人気。ドライフワラーになる。花に見えるのは苞(ホウ)。赤い葉っぱの種類と、銀葉の種類がある。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ヤマモガシ科
プロテア
ヤマモガシ科
グレビレア
ヤマモガシ科グレビレア属
セルリア
ヤマモガシ科セルリア属

タグ

常緑低木 南アフリカ 寒さに弱い 半耐寒性 酸性土

タグ「寒さに弱い」を持つ記事

アジアンタム・スクツム・ロゼウム
ワラビ科アジアンタム属
フユサンゴ
ナス科ソラナム属
ホワイトセージ
シソ科アキギリ属
アジアンタム
ワラビ科ホウライシダ属
ブラッサイア
ウコギ科シェフレラ属

タグ「南アフリカ」を持つ記事

プレクトランサス・モナラベンダー
シソ科プレクトランサス属
クレオメ
フウチョウソウ科
オーガスタ
バショウ科ストレリチア属
リトープス
ハマミズナ科リトープス属
クンシラン
ヒガンバナ科クンシラン属

タグ「半耐寒性」を持つ記事

ローズリーフセージ
シソ科サルビア属
アッツザクラ
コキンバイザサ科
モミジバゼラニウム
フウロソウ科テンジクアオイ属
アカシア・モニカ
マメ科アカシア属
ヘリクリサム・ホワイトフェアリー
キク科ムギワラギク属

タグ「酸性土」を持つ記事

ペルネチア
ツツジ科
イチゴの木
ツツジ科イチゴノキ属
スポンサーリンク