シラキの育て方

MENU
使い方 TOP

シラキ(白木・白乳木)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名トウダイグサ科
属名シラキ属
学名Sapium japonicum
別名白木・白乳木
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
シラキはトウダイグサ科の落葉高木。本州から沖縄まで自生する。5月から7月に開花。雌雄同株で雌雄異花。つまり、一本のシラキに雄花と雌花がつく。花びらのない地味な花です。10月11月に実をつける。また寒さに当たると紅葉する。紅葉はシラキの魅力。春になると赤い新芽をつける。赤い新芽が枝先から垂れ下がる(病気じゃないです)。
性質が頑健で、育てやすい。環境はあまり選ばず、環境に慣れれば問題なく育つ。成長は早く、小さくまとまるように剪定する必要がある(大きくなってもいいならそれでいいけど)。
地味な木だけど、「自然の山」「自然の庭」って感じがして、シンボルツリーとして植えられることも多くなった。ナンキンハゼに近く、繁殖力が強い。放置していると周囲に生えてくるので、不要なら引っこ抜く覚悟を持つべき。
大きさ・草丈・樹高7m前後
まとめ
●シラキはトウダイグサ科の落葉高木。紅葉が綺麗。山の木の雰囲気がいい感じ。
水やりは普通。
●庭植えにした場合は追加の肥料はほぼ不要。
●日当たりで管理。日当たりが悪いと紅葉が鈍くなる。
●花が咲くが地味。秋に実がなる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
水やりは普通。
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
肥料
生育が悪いなら2月に寒肥として化成肥料か油粕+腐葉土か油粕+堆肥を周囲に穴を掘って(根に当たらないような位置に掘って)追加する。それとは別に6月に肥料をやるといいです。庭植えにしたら、肥料はほとんど不要。葉色が悪く、肥料不足っぽいなら肥料をやる程度。鉢植えにした場合は2月と6月に肥料をやるといいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植えつけ時期
10月以降、落葉時期に植え付けをします。寒冷地で植える場合は4月以降にします。
用土
土質はあまり選ばない。常識的な用土であれば問題なし。鉢植えにするならば一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭植えにする場合は、庭土に腐葉土か堆肥を2割か3割ほど混ぜてから植えます。
●シラキは多少ジメジメした場所に群生していることが多いのですが、普通の土でも十分に育ちます。

植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。グラグラするなら支柱をしましょう。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりが良い
日当たりで管理する。日当たりでないと秋の紅葉が鈍くなる。日当たりのいいところに植えるようにする。多少の半日陰でも枯れるわけじゃないですから、半日陰でもいいです。
北海道南部でも育つ
寒さに強く、北海道南部でも戸外で生育します。

病害虫・剪定

この項目の修正・提案をする
病害虫
基本的に病害虫が発生しても大ごとにはならない。
イラガ(ただし、さほど大量には発生しない)。
剪定
剪定時期は2月から4月の落葉していて、もうすぐ新芽が出るころ。
自然な樹形が魅力なので、強い剪定はしない。もしくは全然剪定しない。強い剪定をすると枯れ混むことがある。太い枝を切るときは癒合剤を塗る方が良い。
一般的に庭植えにしていると大きくならない(庭は横にも下にも根を張るスペースがないため)ことが多いが、根を張るスペースがあって順調に行くと5m以上とか下手すると10mとかになる。しかも結構生育が早い。大きくなると厄介なので大きくなりそうなら、剪定して小さくまとめるようにする。
小さくまとめるには、幹のてっぺんを切ってしまう。これでしばらくは上に伸びなくなる。ただし、しばらくすると上に伸びる枝が出てくるので、それを切るようにする。あなたの年齢的(か肉体的)に管理が厳しいと思ったら、業者に頼んで引っこ抜いてもらうようにする。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
樹皮が白いというか灰色であることが白木の由来とされるが、枝を切ると、白い乳液状の樹液が出るので、名前の由来はそちらの可能性もある。冬は落葉し、春には芽吹く。種子には脂が多く、燃料にもなるらしい。種子はトラ柄。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用