ゼラニウム・ペラルゴニウムのトラブルまとめ

TOP >フウロソウ科>ゼラニウム>ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理>>管理

目次

  1. ゼラニウム・ペラルゴニウムのトラブルまとめ
  2. 頭でっかちになったら?
  3. 葉っぱが落ちる
  4. 葉っぱが黄色くなる
  5. 葉っぱが白くなる
  6. 花が咲かない
  7. SNSボタン・関連記事

ゼラニウム・ペラルゴニウムのトラブルまとめ

ゼラニウム・ペラルゴニウムのトラブルまとめ
文章の修正このページはゼラニウムペラルゴニウムで発生するトラブルについてまとめています。病害虫にも強く、よくしげるので育てやすい部類ではあるんですが、ちょいちょい問題は発生します。病害虫に関しては「ゼラニウム・ペラルゴニウムの病害虫の一覧まとめ」を参考にしてください。
ゼラニューム・ペラルゴニュームの仲間のまとめ
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
スポンサーリンク

頭でっかちになったら?

文章の修正ゼラニウム・ペラルゴニウムを育てていると、ちょろちょろと葉っぱが落ちます。葉っぱが落ちるのは日光不足などの原因もありますが、自然な生理現象でも落ちます。ちゃんと管理していれば徐々に回復しますが、それでも下葉が落ちて、上部にだけ花と葉がついてウニョウニョと伸びて不恰好になります。
文章の修正これはもう仕方が無いので、どーしても堪えられない場合は、植え替えるときに延びている部分にまで土に埋まるようにするか、
文章の修正上からちょっとずつ摘芯して切り戻していき、短くしていきます。いきなり全部切るのではなく、ちょっと切り、脇芽を出してちょっと切りを繰り返していきます。

もしくは挿木で更新するのが一般的。というのもゼラニウム・ペラルゴニウムで匍匐しないタイプは大きくなりがちで大きくなると可愛くないので、最初から一定の間隔で挿木で更新するもの!って考えるガーデナーの方が多い(と個人的に思う)。

挿木の具体的な手順については以下のページを参考に。
ゼラニウム・ペラルゴニウムの挿し木
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
ゼラニウムの植え替え
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理用意するもの・手順・時期のまとめ
ペラルゴニウムの植え替え
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理用意するもの・手順・時期のまとめ

葉っぱが落ちる

葉っぱが落ちる
文章の修正日光不足だったり、乾燥で葉っぱを落とすこともありますが、そもそも自然と葉っぱは落ちます。日光・温度・肥料など条件がそろえば、新芽が出てきて回復しますので、気にしないで管理してください。

強い植物なので病害虫で葉っぱに穴が空いたり、傷んだら、新芽が出ているところまで切り戻すと復活する。切り戻し・剪定は3月から5月、10月前後の生育時期に行うといい。

葉っぱが黄色くなる

文章の修正ゼラニウム・ペラルゴニウムの葉っぱが黄色くなる原因はいくつかある。

高温障害

文章の修正真夏の高温時期はあまりの高温で葉っぱが落ちたり、葉っぱが黄色くなることがあります。涼しい場所に移動させると回復しますし、秋になれば回復します。あまりに高温だと枯れることもあります。

根の異常

文章の修正根腐れ根詰まりでも葉っぱが黄色くなって落葉することがあります。根腐れ・根詰まりの場合は下葉から落ちることが多いです。急激に悪化しているならコガネムシの幼虫が土中にいる可能性を考えます。コガネムシに関しては
ゼラニウム・ペラルゴニウムの病害虫の一覧まとめ
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
を参考に。

肥料切れ

文章の修正肥料が切れると花が咲かなくなり、あまりに肥料が切れると葉っぱが黄色くなることがある。緩効性固形肥料(化成肥料)をやると効きが遅いので、速攻で効く液体肥料をやるといい。肥料切れ…ってよりは、根詰まり→土が少なくなる→肥料が少なくなる…という流れが多く、この場合だと肥料を足しても一時的にしか回復しないので、植え替え(鉢増し)して、肥料を足さないと回復しないかもしれない。

ゼラニウムの肥料に関してはゼラニウムの肥料の項目を参考に。

根腐れしたり、根が弱っていると茎を揺らすとグラグラする。コガネムシでもグラグラする。根詰まりではグラグラしません。

葉っぱが白くなる

文章の修正クロロシスで葉が白くなります。夏は暑さで葉っぱの色(葉緑素)が抜け、黄色や白になる。花も咲かなくなる。これは高温障害で日光は原因ではない。原因は鉢の温度が32度以上になったためなので鉢を冷やすと回復する。できれば半日陰(か、明るい日陰)の涼しいところで管理して避けるといいが、涼しくなると白い葉っぱも緑に戻るのでそのまま放置でいい。ちなみに扇風機を当てるだけでも効果がある。

夏の暑さで枯れがちならば、用土を山野草の土にしてみる。土の通気性がよく高温障害が起きにくい。これで夏越しの確率は上がる。もしくは一般的な培養土軽石・川砂・パーライトを1割か2割ほど混ぜるといいです。

花が咲かない

文章の修正温度・日光不足・肥料不足を疑う。根詰まりすると逆に開花しやすい。そもそも「開花が鈍い品種」ってこともある(斑入り種や香りがメインの種は花ゼラニウムに比べると開花が鈍い)。また、株が弱っていると開花しないこともあるので、枯れ込んでいないのであれば気長に管理していく。

室内で管理すると徒長しがちで花も鈍い。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

モミジバゼラニウム
フウロソウ科テンジクアオイ属
ローズゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
カトリソウ
フウロソウ科テンジクアオイ属
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
ハーブゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
シュガーベイビー(アイビーゼラニウム)
フウロソウ科ペラルゴニウム属
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理
パンジーゼラニウム
フウロソウ科ペラルゴニウム属
スポンサーリンク