ハギ(萩)の育て方

TOP >風習>秋の七草>>管理

ハギ(萩)(ミヤギノハギ)

ハギ(萩)
科名マメ科
属名ハギ属
学名Lespedeza thunbergii
別名ミヤギノハギ
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ハギ(萩)の育て方
  2. 管理場所
  3. 水やり
  4. 肥料
  5. 植え替え・植え付け
  6. 剪定・切り戻し
  7. 挿木で増やす
  8. 病害虫
  9. SNSボタン・関連記事

ハギ(萩)の育て方

ハギ(萩)の育て方
文章の修正ハギ(萩)はマメ科ハギ属の総称。枝が細くてそうは見えないですが一応は低木秋の七草の一つ。園芸用で流通しているのは「ミヤギノハギ」が多いです。ミヤギノハギ以外にはケハギ(Lespedeza patens)、ヤマハギ(Lespedeza bicolor)、ニシキハギ(Lespedeza nipponica)、シラハギ(Lespedeza japonica)などがありますが、育て方は同じです。ミヤギノハギは宮城あたりで生えていたから名付いたとされますが、自生はしておらず、実際はケハギなどから作られた品種ではないかとも言われています。

春になると株元から複数の枝が出てきて、伸びて枝垂れ、7月〜10月あたりに枝先に紫の花が開花し、冬になると葉っぱが落ちる。マメ科植物で、空気中の窒素を土中に取り込む性質があり、痩せ地でも育つ。夏の暑さ、冬の寒さに強く、栽培は簡単。
樹高1.5m
まとめ
●ハギ(萩)は基本的に頑健な植物。痩せ地で育つ。
●庭植えにした場合、根付いたら水やりはほぼ不要。
●鉢植えにした場合、土が乾いたら水をやる。夏の乾燥時期の水切れに注意。
●マメ科なので肥料は不要。
●植え付け・植え替えは落葉時期にする。
●花は春以降に出た枝の先に咲くので、10月〜2月の間に古い枝…昨年開花した枝を切る。

参考リンク秋の七草
スポンサーリンク

管理場所

文章の修正日当たりで栽培します。水捌けの良い、痩せ地でよく育ちます。

水やり

文章の修正鉢植えの場合は、土が乾いたら水をやる。鉢植えにすると水切れしやすいです。特に初夏から夏にかけての生育時期は水切れしやすい。朝と夕方の2回、しっかりと鉢底から水が出るくらいに水をやります。

庭植えの場合は、真夏の極端に乾燥時期でなければ水やりは不要です。自然に降る雨だけで十分です。真夏は様子を見て水をやってください。

肥料

文章の修正マメ科植物で肥料がなくても育ちます。大きくしたい場合のみ、2月前後に寒肥として緩効性肥料(化成肥料か油粕など)を株の周囲にやります。鉢植えの場合、肥料をやると大きく育って根詰まりするので、肥料は不要です。

植え替え・植え付け

時期

文章の修正植え付けは真冬は避けた落葉時期(10月〜11月、2月〜3月)に行います。鉢植えの植え替えも同様の時期に植え替えます。鉢の植え替えのときに株分けもできます。適当に切り分けて植え直します。

用土

文章の修正痩せた水捌けの良い土を好みます。赤玉土5鹿沼土2腐葉土3を混ぜたものを使います。もしくは一般的な培養土をそのまま使うか、培養土に鹿沼土を3割ほど足して水捌けをよくしたものを使います。庭土に植える場合は、あんまりに有機質(腐葉土・堆肥など)が不足するなら、元の土に対して1割ほど追加して用土とします。

鉢植え

文章の修正鉢植えの底の穴を網で塞いで、その上に軽石を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

庭植え

文章の修正植え付けの1週間前に深さ20cmを掘って、元の土に対して1割か2割の腐葉土か堆肥を追加してよく混ぜます。肥料はやりません。用土を半分戻して、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後にしっかりと水をやります。
植え付けしてから2週間ほどは…根が土に馴染むまでは水やりをします。

剪定・切り戻し

文章の修正花が終わってから、新芽が出る前の2月までの間に剪定をします。全体の株を株元ギリギリか地表から20cmくらいで刈り込みます。冬は地上部がない状態でも、春になると新芽が出てきます。
●ハギ(萩)は春以降に出た枝に花が咲くため、古い枝は残していても花が咲きません。遠慮なく剪定しましょう。
●春以降は剪定をしない。剪定すると花が減ってしまう。特に枝先を切り戻さないようにする。

挿木で増やす

文章の修正一般的には植え替えの際の株分けで増やしますが、挿木でも増えます。5月か10月に枝を10cmほど切って、赤玉土単用の土に挿して、乾燥しないように水をやり、日陰で管理していると発根する。そこまでしなくても、適当に切った枝を、用土に挿しているだけで発根するくらいに簡単。ただ、ハギ(萩)は頑健なため、保険をかける必要がないので、そこまでして株を増やすことはない。

病害虫

文章の修正病害虫はほとんど発生しない。アブラムシなどが発生することがあるが、それで枯れることはほとんどない。それで株が弱るようであれば、風通しが悪いか、水のやりすぎか、なにか生育環境が悪いと考えるべき。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

関連記事

キキョウ
キキョウ科
クズ(葛)
マメ科クズ属
ススキ
イネ科ススキ属
オミナエシ
オミナエシ科オミナエシ属
秋の七草
風習謂れ・由来・歴史

同じ科の植物

天使のクローバー・ビューティー
マメ科トリフォリウム属
四つ葉のクローバー
マメ科シャジクソウ属
ハーデンベルキア
マメ科
フジマメ
マメ科フジマメ科
ルピナス・ピクシーデライト
マメ科ルピナス属

12月に開花する植物

オキザリス
カタバミ科カタバミ属
シクラメン(簡略版)
サクラソウ科シクラメン属
ぞうさんビオラ
スミレ科スミレ属
プリムラオブコニカ
サクラソウ科サクラソウ属
イチゴの木
ツツジ科イチゴノキ属

12月に植え付け・植え替えする植物

スカイラーク
バラ科バラ属
ナンキンハゼ
トウダイグサ科ナンキンハゼ属
イカリソウ
メギ科イカリソウ属
ハイブリッドティー
バラ科バラ属
アーモンド
バラ科サクラ属
スポンサーリンク