ムシトリナデシコの育て方

TOP >ナデシコ科>シレネ>>管理

ムシトリナデシコ(ムシトリバナ、コマチソウ、ハエトリナデシコ)

ムシトリナデシコ
科名ナデシコ科
属名マンテマ属
学名Silene armeria
別名ムシトリバナ、コマチソウ、ハエトリナデシコ
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
種蒔
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ムシトリナデシコの特徴は?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え替え・植え付け
  5. 管理場所
  6. 種の採取と花ガラ摘み
  7. 病気・害虫
  8. SNSボタン・関連記事

ムシトリナデシコの特徴は?

ムシトリナデシコの特徴は?

ムシトリナデシコの特徴は?
文章の修正ムシトリナデシコ(シレネアルメリア)はヨーロッパが原産のナデシコ科マンテマ属の一年草(もしくは二年草)。茎の上の方の葉の下から粘液が分泌され、ここに虫が捕まってしまうのが名前の由来なんですが、食虫植物ではなく、虫から栄養を吸収しているわけじゃないです。どうやら、受粉もしないで蜜を盗んでいくアリを寄せないための防衛と思われます。

日本では江戸時代に渡来してから、帰化して雑草になっていますので、寒さにも耐え、一度植えると、こぼれダネで広がっていきます。シロバナ種もあります。
草丈30cm〜60cm
スポンサーリンク

水やり

文章の修正庭植えの場合は、自然に降る雨だけで十分です。

鉢植えの場合は鉢の土が乾いたら、鉢底から水が出るくらいにしっかりとやりましょう。受け皿に溜まった水は捨て、土が乾くまで水をやらないようにします。

肥料

文章の修正痩せた土地でも育つ植物なので、肥料はあまり必要としません。庭植えの場合は植え付けの時に元肥として肥料を入れたのであれば、その後は追肥は不要です。

鉢植えの場合は元肥として植え付けの時に肥料をやった後に、開花する前の3月〜4月に一回化成肥料を少量やるか、液体肥料を2週に一回だけやると、生育が良いです。

植え替え・植え付け

時期

文章の修正秋(9月〜10月)に種まきをして育苗して植えるか、苗を植え付けます。一年草で夏に枯れるので植え替えることはありません。

用土

文章の修正中性〜弱アルカリ性の土を好みますので、中性に中和してある一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。自作する場合は赤玉土6腐葉土4に化成肥料を混ぜたものを使います。

庭植えにする場合は前もって苦土石灰で中和してからうえるようにしましょう。水はけの良い土を好むので、庭土の水はけが悪いなら、川砂・軽石小粒・パーライトなどを入れて水はけをよくして植えましょう。

種まき

文章の修正庭に直まきしてもいいですし、ポットで育苗してもいいです。
ビニールポットに栽培用土を入れ、種をまき、土を軽くかぶせます。土を掌で軽く圧をかけて、土と種を密着させると発芽しやすくなります。乾燥しないように水をやり、明るい日陰で管理していると発芽します。発芽して本葉が3枚〜4枚になったら、庭や鉢に植え付けてください。

鉢植え

文章の修正鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、苗を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

用土を入れて、鉢に直播でもいいです。

庭植え

文章の修正庭土を深さ20cmほど掘り返し、苦土石灰を1平方mあたり100gほどまいて中和させます。中和には1週間〜10日かかるので、中和反応があらかた終わったら、その土に腐葉土か堆肥を元の土に対して2割ほど追加して、化成肥料を少量入れて、よく混ぜて用土とします。

穴に半分用土を戻して、苗を株間20cm以上空けて配置し、隙間に用土を入れて、最後にしっかりと水をやってください。

用土を作って種を直播してもいいです。種をまいて発芽したら、株間が20cm〜30cmになるように間引いていきましょう。

管理場所

文章の修正日当たりを好みます。
寒さには非常に強く、北海道〜本州〜四国〜九州で自生しているため、冬の防寒は不要です。

種の採取と花ガラ摘み

種の採取と花ガラ摘み
文章の修正花が咲いたら、萼が膨らみ、茶色く熟してきて、種子ができます。種子を採取して秋に種まきしてもいいですし、そのまま放置してもいいです。種が細かいから、採取って大変なんで、放置でいいと思います。こぼれダネで生えてきます。逆に来年以降に生やしたくない場合は、花がしぼんだら早めに摘んでしまいます。

病気・害虫

文章の修正アブラムシ
粘液はアリ対策で、花には近寄れませんが、その他の葉っぱなどにはアブラムシが発生することがあります。前もって3月に浸透性薬剤(オルトラン)を散布しておくと予防できます。
アブラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

シレネ・ドレッツバリエガータ
ナデシコ科シレネ属
シレネ・ユニフローラ
ナデシコ科シレネ属
シレネ・シェルピンク
ナデシコ科シレネ属

同じ科の植物

ナデシコ科
カスミソウ
ナデシコ科ジプソフィラ属
アグロステンマ
ナデシコ科ムギセンノウ属
セキチク
ナデシコ科ナデシコ属
ドウカンソウ
ナデシコ科バッカリア属
西洋石竹
ナデシコ科ナデシコ属
カーネーション
ナデシコ科ナデシコ属
サポナリア
ナデシコ科サポナリア属
センノウ
ナデシコ科センノウ属

タグ

こぼれダネ 一年草

タグ「一年草」を持つ記事

フユサンゴ
ナス科ソラナム属
ハルシャギク
キク科
ワスレナグサ
ムラサキ科ワスレナグサ属
ハツコイソウ
クサトベラ科レシュルノルティア属
ベゴニア
シュウカイドウ科シュウカイドウ属

タグ「こぼれダネ」を持つ記事

アニスヒソップ
シソ科カワミドリ属
ドクダミ
ドクダミ科ドクダミ属
ジュズサンゴ
ヤマゴボウ科リヴィナ属
オミナエシ
オミナエシ科オミナエシ属
スポンサーリンク