シルクジャスミン(ゲッキツ)の育て方…水やり・肥料・植え替え・管理場所のまとめ

MENU
TOP>ミカン科>シルクジャスミン
スポンサードリンク

シルクジャスミン(ゲッキツ・月橘・オレンジジャスミン・イヌツゲ)

シルクジャスミン
科名ミカン科
属名ゲッキツ属
学名Murraya exotica
別名ゲッキツ・月橘・オレンジジャスミン・イヌツゲ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


高温を好み、寒さにもある程度の抵抗(0度以上)がありますので、頑健な観葉植物です。
まとめ
●土が乾いてから水をやる。
●生育期に肥料をやる。
●耐寒温度は0度。霜に当たると彼混むので冬は室内へ。
●春から秋は戸外の日当たり管理するとよく生育します。

水やりと肥料


土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。土が濡れているうちに水をやっていると寝腐れします。観葉植物(シルクジャスミン)が枯れる原因の一番は「水のやりすぎ」です。鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。気温が20度以上になってくるとドンドンと葉っぱが増え、枝を伸ばしてきます。邪魔になるようであれば剪定を行ってください。

夏の水やり
夏の高温期には葉っぱが乾燥してしまいますので、たまに戸外に出して全体に水を掛けてやってください。葉っぱに水分をあげる意味もありますが、葉っぱのホコリを落とす目的もあります。
●室内で管理するときは、クーラーの風が当たる場所には置かないでください。クーラーがかかっている部屋では乾燥しがちです。週に一回か、二回、葉っぱに霧吹きで水をやり乾燥を防ぎましょう。


冬の水やり
冬は成長が鈍くなりますので水を控えますが、あまり控えると葉っぱが落ちてきます。暖房で乾燥しますので、霧吹きで葉っぱに水をかけてあげてください。

肥料
生育時期である5月から10月あたりまで二週に一回液体肥料をやるか一ヶ月に一回緩効性肥料をやります。リンが含まれている肥料だと開花しやすいです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土はホームセンターなどで販売されている市販の培養土で植えます。観葉植物用の土というのもありますので、できればそちらを利用してください。自作する場合は赤玉土(小粒)7:腐葉土3を混ぜたものを使います。植え替えるときは三分の一ほど古い土を落としてから植え替えをします。
●冬は基本的に室内で管理するものなので、腐葉土の配合が少ない観葉植物の土が匂いが抑えられて適しています。

管理場所・日当たり

春~秋に掛けては戸外でも管理できます。日光を好むのでしっかりと日を当ててやるとよく成長します。冬に室内で管理した場合、春になってから急に日当りのいい場所に出してやると葉っぱが焼けてしまいますので、半日陰や明るい日陰で徐々に慣らしていってください。
耐寒温度は0度以上なので、霜に当たると痛んで枯れてしまいますが、地域によっては軒下などの戸外で充分越冬可能です。

その他

カイガラムシやオンシツコナジラミが発生します。カイガラムシは成虫になると薬が効かなくなりますので、歯ブラシなどでこすって落とします。

特徴・由来・伝承

シルクジャスミンはジャスミンに似ている香がすることから名づけられました。ジャスミンとは別種です。ゲッキツ(月橘)は月夜に特に香が強まる?といわれたので名づけられました。
日本でも奄美大島以南に自生しえ生垣に使われています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ミカン科の仲間


ミカン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用