ザミアの育て方

TOP > ソテツ科 > 更新日

ザミア(ヒロハザミア・メキシコソテツ)

ザミア
科名ソテツ科
属名ザミア属
学名Zamia pumila
別名ヒロハザミア・メキシコソテツ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

ザミアの育て方

文章の修正暑さに強く、寒さに弱い
ソテツ科で見た感じもソテツに似ています。ですが、寒さに弱く、暖地でなければ戸外で管理すると枯れます。よく耐寒温度は0度以上となっていますが、もう少し寒さに弱い。5度以上を保って下さい。霜に当たると黒く変色して、枯れていきます。

ザミアには種類が色々とありまして、葉っぱの形状が全然違います。ですが、基本的に寒さに弱くて、乾燥に強いので育て方は同じです。
まとめ
●ザミアはソテツ科の観葉植物。寒さに弱くて乾燥に強い。
水やりは土が乾いてカラカラになってからやるようにする。
●冬はかなり水やりを控える。
肥料は春に。
●日当たりで管理する。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正水のやりすぎに注意
乾燥に強く、加湿に弱いです。水をやりすぎると枯れてしまいます。土がカラカラに乾いていたら水をやるようにしてください。サボテンに近い間隔で水やりを。

春から秋の水やりは
春から秋に掛けては、土がカラカラに乾いていたら水をやります。春だと大体三日に一回程度、夏はほぼ毎日、秋は三日に一回程度。場所や日当たりや風通しによって、水やりの頻度は大きく違いますのであくまで目安と考えて下さい。

問題は冬の水やりです
冬は一ヶ月に二回程度にします。土がカラカラに乾いてから数日経って水をやります。そのくらい水を控えます。水を控えることで耐寒性が増します。冬は暖房の風が当たらないようにしてください。

肥料
肥料は春に月に二回か三回ほど液肥を上げます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え替えはめったにしない
ザミアは成長が遅く、植え替えはほとんど必要ありません。大体4年に一回程度の植え替えです。植え替えるときは、サボテンの専用土多肉植物の専用土で植え替えます。腐葉土が入っている土を使うと室内に匂いがするので、上記の専用土が適しています。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで管理します
春から秋は戸外の日当たりで管理します。夏の直射日光に若干弱いです。若干というのは、他の観葉植物だったら葉焼けして枯れてしまうような直射日光でもすぐには葉やけしない程度のことで、少々の変色が気にならないなら夏も日向で管理します。

寒さに弱く、霜に当たると枯れます
変わりに冬の寒さには弱いです。冬は室内に取り込んでください。といっても観葉植物としては寒さに強い方です。霜にあたると枯れてしまいます。

その他

文章の修正カイガラムシが発生します。

特徴・由来・伝承

文章の修正ソテツ科で成長が遅く室内で管理する観葉植物に向いています。雌雄異株で、一株だけでは種を残すことはありません。

成長が遅く頑健で、購入時の樹形をそのまま維持するのも優れたところです。

九州では戸外で越冬も。

関係記事・人気記事

ソテツ

ソテツ(ソテツ属)
枝分かれせずに一本の太い幹だけが伸びて、その先に大きな葉を茂らせます。枝分かれしないので庭植えにする場合でも計画が立てやすいのがよいところです。

オリーブの葉が枯れてきた

オリーブの葉が枯れてきた
[+[まとめ] ●オリーブは乾燥に強いだけで、水は欲しがる植物。水が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。 ●木を固定するのに針金を巻いている場合があります。これを外さないと、成長を阻害したり、食い込んで…

ミニヒマワリ

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…

ゴテチャ

ゴテチャ(クラーキア属 )
矮性処理した品種は背丈が20センチほどですが、矮性処理していないものは80センチ前後と大きく育ちます。矮性処理していないものは背が高くなり、風や雨ですぐに倒れます。支柱をしましょう。 [[秋に種を撒…
管理用リンク
管理用