オキザリスの育て方

MENU
使い方 TOP

オキザリス

オキザリス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名カタバミ科
属名カタバミ属
学名Oxallis
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
オキザリスは球根の植物で、休眠期があるものもありますので、地上部が枯れたからと言って諦めないようにしましょう。昼に咲き、夜や雨の日は花が閉じます。草丈が低く、グランドカバーに向いているが、休眠時期は地上部がなくなるので注意。
まとめ
●品種が多くあり、性質が全く違うことがあるが、基本的に日本で流通しているのは乾燥に強く、過湿に若干弱く、頑健。このページでは日本で一般的に流通しているものを記述している。
●乾燥に強く、過湿に弱い。水やりは乾燥気味に。
●休眠時期は地上部がなくなる。庭植えの場合は放置でいいが、鉢植えの場合は水やりを忘れがちになり、そのままミイラ化する。地上部がなくても忘れないように。
肥料はあったほうがいい。
●日当たりで育てる。
●繁殖力が旺盛で、球根・地下茎・種で増える。庭植えにすると他の植物の領域に侵食するので、面倒だなと思う人は鉢植えで育てる。
●鉢植えは2年か3年に一回、植え替えをする。庭植えは植えっぱなし。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水のやりすぎ注意
球根で乾燥に強く、水はけのいい土を好みます。水をやり過ぎると傷みますので気をつけてください。土に触ってみて、濡れているなら水をやらないでください。土がしっかりと乾いてから、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやります。受け皿に水が溜まっているのであれば捨ててください。
●庭植えの場合は、ほぼ自然に降る雨だけで十分。ただし開花・生育時期は水を吸うので水切れするようならば水をやります。

地上部がなくなる時期に水をやり忘れないよう
逆に休眠期は地上部が無くなるので、水やりを忘れてしまいます。庭植えの場合は、雨が当たるなら水はやらなくても大丈夫ですが、鉢植えの場合は休眠期に水やりを忘れると枯れてしまいます。気をつけましょう。
●冬に開花して、夏に休眠するタイプが日本ではよく流通している。ここでいう地上部がなくなるのは夏。
●冬に地上部が枯れるタイプもある。鉢植えにしていると水やりを忘れるので注意。人によっては忘れて捨ててしまうこともある。
●鉢植えが多くて、何を植えたかわからなくなる人はタグをつけて、何を植えていたか分かるようにしておこう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
夏咲きオキザリス
夏咲きオキザリス=ラッキークローバーは、3月~4月に植えつけし、夏に花が咲いて冬には寒さで地上部が枯れてしまいます。ラッキークローバーは葉っぱが四葉のクローバーに似ていることからよく流通しています。耐寒性があるものが多く、そのまま冬も植えっぱなしです。
冬咲きオキザリス
秋~冬に咲くオキザリスは8月~9月に『球根』を植えるのですが、花屋さんに『苗』が出回るのは寒くなる9月~11月頃です。これが出たときに植えてください。冬の間に花が咲き、夏に休眠しますが、暑さで枯れてしまうことがほとんどです。翌年も楽しむならば、夏に掘り起こして秋に植えなおします。面倒なので一年草扱いってことも。
●環境が合うと爆発的に増えて、他の植物を駆逐することがあるかも。まぁ、球根を掘り起こせばいいのでそこまで神経質になることはないが。

用土
一般的な培養土で植え付けをします。自作する場合は赤玉土小粒7腐葉土3を混ぜたものを使います。球根で乾燥に強いほうがいいので、一般的な花と野菜の培養土に1割か2割ほど赤玉土を混ぜるといいですが、ま、そこまで気にしないでも。ただし、品種によっては山野草の土が適しているものもあります。
植え付け
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。極端に大きな鉢に植え付けつると根腐れしやすいです。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、掘り出した土を半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●よく広がるが、球根で植えた場合は一年目はあまり大きく育たない(根が切れているため)。ポット苗で植えると一年目からよく育ちます。
●庭植えにする場合は、広がりすぎないように気をつける。オキザリスは地下茎・球根で増えつつ、種子でも広がる。自信がないなら鉢植えで。
●鉢植えの場合、二年に一回植え替えをする。一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けして鉢を増やす。ザックリと分ければ問題なし。
●2年か3年植えていると根詰まりして生育が鈍くなる。これは根を伸ばすスペースがなくなったため。根と地上部は連動しているため、スペースがなくなると根を伸ばせなくなり、地上部の生育も一緒に鈍くなる。花が少なくなり、葉っぱも少なくなるので植え替え(株分けも一緒に)をする。
●鉢植えでもこぼれ種で広がることがある。しょうがないやつだ。挿し芽でも増えるが、増やす必要なし。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日光が大事です
日の当たる場所に植えましょう。日当たりが悪いと葉っぱが徒長して株が不恰好になります。またあまりに日光が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。とにかく日当たり。
晴れの日は開き、くもりは閉じる
日が当たると花が開きます。曇りの日は花が閉じっぱなしになります。やたらと日光に敏感です。

病害虫

この項目の修正・提案をする
基本的に病害虫はほとんど発生しない。枯らすとしたら、水のやりすぎによる根腐れか、休眠期の水のやり忘れくらい。むしろ増えすぎて困るくらい。
さび病
黄土色のカビが発生する。薬剤を撒いて、病気部分を取り除く。
アブラムシ
新芽を好んで汁を吸う。薬剤を散布して駆除する。
ハダニ
葉っぱの裏から汁を吸う。乾燥すると発生しやすい。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
オキザリスはギリシャ語の「すっぱい」から。葉や茎に酸味がある。世界中に800種以上あり、低木状に育つもの、球根性のもの、多肉のものなどがあり性質も全然違います。ここでは主に日本で流通しているオキザリスについてまとめています。

葉っぱの形も花の形も非常に多種なので、オキザリス愛好家は多いです。オキザリスは日本でいうと「カタバミ」。カタバミは繁殖力旺盛なので子孫繁栄を願って家紋の意匠になっていることも。葉っぱがクローバー(マメ科)に似ているので間違われやすいってのと、「クローバー」の名前で流通していることすらある(例:ラッキークローバー)。流通上の名前はわかりやすく言うと「商品名」で、学名に準拠する必要がないので、こういうことが成り立つ。ややこしいよね。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

カタバミ科の仲間


カタバミ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用