ダンスパーティーの育て方

MENU
TOP>アジサイ科>ダンスパーティー
スポンサードリンク

ダンスパーティー(アジサイ)

nophoto
科名アジサイ科
属名ハイドランジア属
学名Hydrangea
別名アジサイ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方はガクアジサイと同じです。
剪定は7月中に
アジサイは8月中旬から9月に翌年の花芽をつけるために、これ以降に花芽を切ると、花が咲かなくなります。

水やりと肥料

鉢植えの場合は水切れに注意
アジサイの学名はハイドランジア…語源は水の器です。とても水を欲しがり、水が切れるとすぐにシワシワになってしまいます。底面給水(鉢の底に水が溜められるタイプのもの)の場合は、鉢の底に水が絶えず溜まっているようにします。
春から秋は土が乾く前に水をやるようにします。
庭植えならば、水やりは楽
庭植えならば、極端に水はけがよくない限りは降雨だけで十分水は足ります。あまりに夏に日照りが続くときは水をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えの場合は、毎年一回り大きな鉢に植え替えをします。根が詰まってしまうと、水切れしやすくなります。ただでさえ水切れしやすいので、出来るだけ植え替えをしましょう。
庭植え推奨です
とにかく水切れしやすいので、これを予防するためにも庭植えします。用土は市販の花と野菜の土を利用します。植えつける前に、庭の土に苦土石灰を混ぜて起きます。苦土石灰を混ぜることで土が中和されます。酸性になると花が青くなってきます。
ダンスパーティーは土壌の影響を受けます。ただ青といっても真っ青というわけではなく淡い青でかわいいです。

管理場所・日当たり

年間を通して半日陰の場所で育てます。春や秋は日当たりでも良いのですが、夏の直射日光には葉っぱが焼けてしまいますし、耐陰性があり、少々日当たりが悪くても成育しますので、年間を通して半日陰になる場所で管理・植え付けをします。
冬は枝だけになります
寒さに当たると葉っぱが落ちて、枝だけになりますが、そのままにしておきます。すでに花芽が出来ていますので剪定すると花が咲かなくなることもあります。

特徴・由来・伝承

2008年あたりから、よく目にするようになったガクアジサイの園芸品種。淡いピンクの装飾花が、踊っている……と見立てたのでしょうね。中央の花も淡いピンクでガクアジサイなのに、ボリュームがあるように見えます。ギフトとして人気があります。育て方はアジサイと同じです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アジサイ科の仲間


アジサイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用