ミニチュニアの育て方

MENU
TOP>ナス科>ミニチュニア
スポンサードリンク

ミニチュニア(ペチュニア)

nophoto
科名ナス科
別名ペチュニア
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花も葉も小さいがよく茂る
花も小さくて葉っぱも小さいですが、繁殖力は通常のペチュニアにも負けません。フンワリとコンモリと匍匐で広がります。
摘芯しましょう
ある程度大きくなったら(ツルが30センチとか)、ツルの先を摘芯することで、脇芽を出させて株が大きくなります。すると花が沢山咲くようになるので、必ず摘芯してください。するとしないでは結果が全然違います。

水やりと肥料


土が濡れている間は水をやらないで
ミニチュニアは過湿にすると根腐れしたり、葉っぱが腐ってきます。土が濡れている間は水をやらないようにしてください。水をやるときは鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやってください。
肥料が必要です
ミニチュニアは長期間にわたって、よく咲きますので肥料が切れると途端に花が減ってしまいます。市販の培養土には最初から肥料が入っているのですが、不足します。
二カ月に一回緩効性肥料をやるか、一週間に一回、液肥をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土は市販の花と野菜の土(培養土)を利用するか、ペチュニアの専用土を使います。
連作障害を起こします
他のナス科の植物(ナス・ペチュニア・カリブラコアなどなど)と連作障害を起こします。庭植えする場合は過去三年ほどの間にナス科の植物を植えた場所には植えないようにします。プランターや鉢に植える場合は、土を新しい培養土とやり変えてください。

管理場所・日当たり

日当たりのよいところで育てます。半日陰(一日で午前中だけ日が当たるような場所)など日光が不足すると枯れないまでも、花の量が減ってきます。必ず日当たりのいいところで管理してください。

その他


切り戻しと摘芯
花が一段落したときや、梅雨の前に風通しをよくするために、株全体を半分から三分の一に切り戻しをします。すると摘芯と同じ効果があり、しばらくすると切り戻しをする前の1.5倍くらいになります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ナス科の植物ペチュニアの極小輪タイプの園芸品種です。ペチュニアは花が大きくて、鮮やかで賑やかですが、それがどうも苦手な人も居ます。もうちょっと楚々とした感じで、ふんわりと小さくまとまったものがいいな、と思っている人に向いています。ヨーロッパでも人気。
まだ流通量が少ない
繊細でかわいいのでこれからは流通量が増えそうですが、今のところは少ないです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用