ユウギリソウの育て方

MENU
TOP>キキョウ科>ユウギリソウ

ユウギリソウ(夕霧草)

ユウギリソウ
科名キキョウ科
学名Trachelium caeruleum
別名夕霧草
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

一年草多年草
寒さには気温で5度程度まで。霜に当たると枯れてしまいます。寒冷地でなければ軒下で管理すれば冬を越します。宿根草ではありませんので冬の寒さで地上部が枯れたら枯死したと考えてください。

夏の暑さにも若干弱く、夏に暑い場所に置いていると弱ってしまいます。でもユウギリソウは少々の日陰でも生育しますから春から風通しのよい半日陰で育ててもかまいません。

こうしてどうにか多年草になると、花を摘んで切花として飾ることが出来ます。切花でも結構長持ちです。

花つきがいい
非常に花つきがよく、花鉢としても切花としても長持ち。花色が紫だけではなく、グリーンやピンク系、白などもあり、気に入った品種があればチェックしておきたいもの。
スポンサードリンク

水やりと肥料

地中海出身で乾燥を好む
見た目、葉っぱが波打ち、色合いも深いので、「ジメジメ」を好みそうですが乾燥を好み、ジメジメした環境を嫌います。水のやりすぎに注意します。土が乾くまでは水をやらないでください。冬は土が乾ききって白く変色するまでは水をやらないことです。

根腐れに注意!
水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。ひっぱるとスグにポロっと抜けたらもう根が腐りきってます。鉢植えにしていて受け皿をしているならば、水がたまらないようにします。

肥料は控えること
春から初夏まで液体肥料を一ヶ月に一回か二回やるか、緩効性肥料を土に混ぜます。真夏は暑さで弱っているので肥料はあげないでください。冬も肥料はあげません。
ユウギリソウは肥料があるとスクスクと生育するのですが肥料が多すぎると花が咲かなくなります。様子を見て調節しましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販のハーブ土か培養土
ユウギリソウはとにかく過湿を嫌いますので、水はけのよい土を利用します。市販されている花と野菜の培養土でも十分ですが、ハーブ土は更に水はけがよくなっています。自作する場合は赤玉土6腐葉土3川砂1か赤玉土7腐葉土3と緩効性肥料を足したものを利用します。

植え替えは春
鉢底から根がはみ出すようなら、根詰まりしています。植え替えをしましょう。毎年植え替えることになります。古い土を少しだけ落として、一回り大きな鉢に植え替えをします。

管理場所・日当たり

春から夏……基本は日光を好みますが
日光を好むのですが、夏の暑さに弱いことと、1日3時間程度の日照でも生育し花を付けるので、春から夏に掛けては半日陰で管理することが多いです。理想は春は日当たり、6月は雨を避けて軒下、7月以降は風通しの良い半日陰です。

冬は寒さに注意。
冬は寒さに弱い(気温で5度以上)ので霜の当たらない軒下の日当たりか半日陰で管理します。温室が理想ですが、そこまで一般家庭では出来ないので「ダメでもともと」の気持ちで管理しましょう(暖地では上手くいきやすい)。

特徴・由来・伝承


霧…というかカスミというか、小さな花が集まって遠めにホワっとして見えるキキョウ科の多年草。原産地はヨーロッパ南部――地中海です。多年草といっても日本の気候にはあっていないので、一年草扱いと割り切っていずれ消えてしまうと考えた方がいいです。暖地では冬を越して多年草となることもあり、暖地の人は是非チャレンジしたい植物です。

濃い緑の葉っぱにヒョロリと伸びた花茎。その茎も濃い色合いで、花も決して「華やか」というものではありませんが、野趣があってガーデニングに慣れた人にはそそる風体です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キキョウ科の仲間


キキョウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用