ジニア・プロフュージョンの育て方

MENU
TOP>キク科>ジニア・プロフュージョン
スポンサードリンク

ジニア・プロフュージョン

ジニア・プロフュージョン
科名キク科
属名ジニア属
学名Zinnia elegans Profusion
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ジニア・プロフュージョンの育て方のまとめ
初心者向けで育てやすく、よく開花する一年草
●霜が降りると枯れる。
●日当たりで育てる。
●夏の暑さと直射日光に強いので、他の植物が夏の暑さ・直射日光に負けるような場所に置いたり、植えてください。
●土が濡れているうちは水をやらない。
●二週間に一回程度、液体肥料をやります。


長期咲く初心者向けガーデニング材
霜が降りなくなってから植えるとあとは、水やって肥料をやれば大きくて鮮やかな花が咲いてくれます。

萎んだ花を摘みましょう
ジニア・プロフュージョンは花がしぼむと、植物は種子を作ろうと栄養を回してしまい、次のツボミが咲きずらくなります。そこで、しぼんできた花をこまめに摘むと、花が非常に多くなります。摘まなくても花が沢山咲きますが、花を摘むと更によく咲きます。
スポンサードリンク

水やりと肥料


土が乾いてから水やり
土が濡れているときは水はやらず、土が乾いてから水をやってください。土が濡れているうちに水をやると寝腐れします。水をやるときは、鉢の底から水が染み出すくらいにしっかりとやります。ジニア・プロフュージョンは春から秋に生育する植物で、寝腐れするのは梅雨時くらいで、水切れするのはよっぽどですね。
●真夏は水切れしやすくなります。夏は朝と夕方の二回、水をやります。
●真夏の昼に水をやると、夏の暑さで水が茹って根が痛みますので、昼は水をやらないようにしてください。

肥料
二週間に一回程度、液体肥料をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

サカタのタネのネットショップではジニア・プロフュージョンの種子を1000粒単位で販売しているのですが、これを撒くのは一般家庭では現実的ではないので、ホームセンターや花屋さんやネットショップで苗を購入します。苗同士は20cmか30cmほど空けます。横長プランターなら苗三個です。
用土
用土は一般的な花と野菜の培養土などを利用します。市販の培養土は殺菌してあって、phは調整してあるし、肥料も入っていますから、何かと便利で結局、安上がりになります。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜて使用します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


日当たりを好みます。
夏の暑さ・直射日光に強いので、気にせず戸外の日当たりで管理します。ただし鉢で管理していて、あまりに水切れするようであれば、半日陰に移動します。夏に水切れするのは「鉢が小さすぎる」か「鉢に直射日光に当たって水が蒸発しすぎるから」です。
霜が当たると枯れる一年草
霜に当たると枯れます。それまでは咲き続けます。

その他

アブラムシ、アオムシ、温室コナジラミハダニが発生します。虫が発生したら、すぐに捕殺し薬剤を散布します。ハダニは葉っぱに水をかけるようにすれば予防できます。

特徴・由来・伝承


ジニア・プロフュージョンはサカタのタネが育種したジニア・リネアリスの交配種。リネアリスは斑点病やうどんこ病に強いに強いので、プロフュージョンも強いです。花が直径6cmと大きめな花が咲きつつ、夏から秋に掛けての長い期間花が咲く園芸品種
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用