ボロニアの育て方

MENU
TOP>ミカン科>ボロニア
スポンサードリンク

ボロニア(ピグミーランタン)

ボロニア
科名ミカン科
属名ボロニア属
別名ピグミーランタン
みずやり水を好む
場所日の当たる室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育てるのはなかなか難しい
冬の寒さにも弱く(5度以上)、夏の暑さや多湿にも弱いので初心者には難しい植物ですが、香りがよく、淡いピンクの鮮やかな花と、まんまるなツボミがかわいらしく、人気のある植物です。
水をやりすぎると、根が腐りますが、乾燥にも弱く、水切れになると、葉っぱが黄色くなりパラパラと落ちていきます。
花が終わったら切り戻し
花が一段落したら半分ほどに切り戻しをします。すると脇芽が出てきます。この枝に翌年に花が咲きます。

水やりと肥料


土が乾いたら水を
土が乾いたら水をやります。土が濡れているなら水はやらないでください。水をやるときは鉢底から染みだす位にしっかりとやります。
蒸れ対策に切り戻しを
ボロニアは水切れに弱いのですが、蒸れにも弱いので、梅雨前後の蒸し暑い時期には、蒸れて枯れることがあります。花が終わった頃に、茎を半分程度に刈り込んで、風通し良くすることで、群れを防ぐことが出来ますし、刈り込んだ方が樹形も良くなります。
肥料
生育期の春と秋に液体肥料を一週間に1回ほどやってください。真夏は暑すぎて生育が止まりますので肥料はあげないでください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

ボロニアは根の成長速度が速く、すぐに鉢が根でいっぱいになります。そこで植えかえは毎年やってください。根が詰まりすぎると、水持ちが極端に悪くなり、葉っぱが落ちて最悪枯れてしまいます。
用土は酸性のものを
土は鹿沼土5ピートモス3パーライト2を混ぜたものか、市販の土に鹿沼土を混ぜて水はけをよくしたものを使ってください。植え替えるときは、根の土を崩さずに一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えはボロニアにとってストレスです。負担を減らすために枝を半分ほど切り戻します。

管理場所・日当たり

日光を好みますので、日の当たる場所に置きますが、ボロニアは夏の直射日光には弱いので、夏場は室内か、戸外の明るい日陰に移動させてください。
冬の寒さに弱いので庭植え不可
育成温度は5度以上なので、冬は室内で管理するのが無難です。霜に当たらないように、霜が降りる時期までには室内の日当たりへと移動させてください。
スポンサードリンク

その他

剪定・切り戻しは8月以降はしない
9月には翌年の春に咲く花芽が出来ています。8月以降は切り戻しをしません。

特徴・由来・伝承

ミカン科の植物なのでとてもイイ香りがします。スズランのような花が花が咲き乱れて、華やかなので人気があります。冬の終わりから初夏に掛けて出回りますが、暑さと寒さに弱いために、購入か贈答で貰った後には枯れる人も多いです。

別名「ピグミーランタン(小人の提灯)」
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ボロニアの関連記事

ミカン科の仲間


ミカン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用