デュランタ・宝塚の育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>デュランタ・宝塚
スポンサードリンク

デュランタ・宝塚(タイワンレンギョウ)

nophoto
科名クマツヅラ科
学名Duranta repens
別名タイワンレンギョウ
みずやり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

非常に長期咲く植物
デュランタ園芸品種で、こぼれるように小さな花が咲きます。冬越しも可能で、それほど難しくないです。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。春から秋に掛けては土が乾いたら水をやるという一般的に水遣りをします。夏は乾燥しやすいので、朝と夕方の二回しっかりと鉢底から水が染み出すくらいにやります。
冬は水を控える
冬は生育が鈍くなりますので水を控えます。土が乾いてから数日たってくらいです。でもデュランタ宝塚を置いている環境によっては、もっと頻度が短くなるかもしれません。
というのも、冬は暖房が効いています。暖房の風は乾燥していて、非常に乾燥します。土を持ち上げてみて軽いなら水をあげるようにします。
庭植えなら便利
霜が降りない地域ならば戸外でも越冬しますので、庭植えしてしまえば水遣りはほとんど不要です。
肥料
春から秋までは一週間に一回ほど、液体肥料をやるか、二ヶ月に一回緩効性肥料をやってください。冬は肥料はやりません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土水はけの良いものを利用します。市販している花と野菜の土か、観葉植物の土を利用します。観葉植物の土は腐葉土が入っていないので、室内で管理しても「匂い」がしません。

管理場所・日当たり

日光を好み、日光が少ないと花が少なくなります。しかし強い直射日光にあたると葉っぱが黄色く変色したり、鉢が小さいのに真夏の直射日光にさらしていると、蒸発が激しくてすぐに水が下がってしまいます。
冬は5度以上で
耐寒温度は5度以上です。人が生活する場所は真夜中になっても5度以下になることはありませんので、室内で管理すれば越冬は可能です。
霜が降りない暖地ならば戸外で越冬可能です。
寒さにあたると落葉しますが春には
寒さに当たると葉っぱが落ちてしまいますが、それで完全に枯死したとは限りません。春まで持ちこたえられれば、春には新芽が芽吹いて復活します。
ちなみに13度で開花
13度以上になると冬でも開花します。13度は普通の家では出来ませんので、必死にならないようにしましょう。
スポンサードリンク

その他

アブラムシが発生します。

特徴・由来・伝承

デュランタの園芸品種のひとつ。といっても日本に流通しているデュランタで宝塚じゃないものがあるのか、よく分からないです。開花は春から秋と非常に長いですが、気温と肥料と日光さえあれば、年間を通して花が咲きます。
宝塚は花が多い
花が多いです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用