アンスリュームの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>アンスリューム

アンスリューム

アンスリューム
科名サトイモ科
属名アンスリウム属
みずやり水を好む
場所室内
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方のまとめ⚫︎水やりに注意。乾燥気味に管理しないと根腐れを起こします。
⚫︎強い日光に注意。葉やけを起こします。
⚫︎寒さに弱い。冬は室内で管理。
⚫︎これらの管理方法に慣れれば、長く楽しめる植物です。

花は一旦咲くと長く楽しめます。シクラメンと同じで本来は葉っぱ一枚につき一輪の花が咲きますが、鉢植えだとそれは無いです。
寒さに弱く、直射日光に弱い
寒さには弱いので冬は室内のリビングなどへ、春~夏にかけては、室外の半日陰で管理するといいです。真夏の強い直射日光は避けてください。この春~夏は成長してどんどん花を咲かせますので肥料もやってください。
スポンサードリンク

水やりと肥料


意外と難しい水やり
アンスリウムが枯れる原因は水のやりすぎか日光不足です。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。土が濡れている間は水はやらないようにします。土を指で触ってみて、しめっているならば水はやらないでください。土への水やりとは別に、年間を通して葉っぱに霧吹きを掛けて水を補給します。

<春>土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れているのであれば水はやらないでください。
<夏>蒸発量が激しくなります。戸外で管理していると余計に水切れやすくなります。
<秋>土が乾いていたら水をやります。
<冬>土が乾いてから数日経ってから水をやります。冬は蒸発量も減りますし、成長も鈍くなりますので、夏や秋と同じように水をやっていると根が腐って枯れてしまいます。
●湿度の高い環境を好みますが、ずーっと土が湿っていると根が腐ってしまいます。土の様子をよくみて水をやってください。
●夏は毎日、春と秋は三日おきくらいを目安にしてください。土を触って濡れていたら水はやらないでください。

葉水をやるのがコツ
アンスリュームは熱帯地方のジャングルの木の根元に成育する植物で、空気中の湿度の高い環境を好みます。土への水やりはほどほどにして、年間を通して霧吹きで葉っぱに水をやります。

水やりのコツ
アンスリウムの鉢をたびたび持ち上げて重さを覚えておくと、水切れの具合が分かります。軽いと水切れ、重いとまだ水が残っている――という具合です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替え時期は梅雨前後。湿度の高い時期が適しています。赤玉土腐葉土1パーライト1バーミキュライト1を混ぜた土で植え付けします。
市販されている「花と野菜の土」では水はけが悪く、通気性が悪いために根腐れが起きやすいです。

管理場所・日当たり

春から秋は半日陰か室内で
直射日光を嫌い、明るい部屋くらいの日光を好みます。春から秋にかけては戸外の半日陰や日陰で管理してもOKです。

<春>室内の明るいところか、戸外の日陰か半日陰で管理します。
<夏>戸外の日陰か、室内で管理します。直射日光に当たらないようにしてください。葉っぱが焼けてしまいます。
<秋>室内の明るいところか、戸外の日陰か半日陰で管理します。戸外で管理している場合は、霜に当たると枯れてしまいますので、霜が降りる前に取り込んでください。
<冬>室内の明るいところで管理します。窓辺に置く場合、強い寒気が来た時には窓辺は夜に氷点下になることがあります。気をつけましょう。
●室内で管理してい、窓辺に置く場合は、カーテン越しの光を当ててやってください。直射日光に当てると葉っぱが焼けて変色してしまいます。
●冬は人が生活するような場所が良いです。リビングがいいでしょう。気温が7℃前後になると葉っぱが落ちてしまいます。10℃以上に保てば葉もキレイに越冬します。17℃以上に保てれば花も咲きます。

特徴・由来・伝承

切り花としてもよく使われます。独特のあの花の綺麗な部分はガク。厳密な意味での花は中心部分の棒のところ。
一旦咲くと花が長く、環境さえ合えば、葉っぱが次々出てきて、花も咲きます。花が無くても葉っぱだけでも観葉植物として観賞価値があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用