オックスフォードブルーの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>オックスフォードブルー
スポンサードリンク

オックスフォードブルー(ベロニカペドゥンクラリス、ジョージアブルースピードウェル)

nophoto
科名ゴマノハグサ科
学名Veronica Oxford Blue
別名ベロニカペドゥンクラリス、ジョージアブルースピードウェル
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

宿根草ベロニカのほかの種類と違って、地面を這うタイプ。グランドカバーにも使えます。耐寒温度はマイナス6~10度で、南関東なら戸外での越冬はOK。耐暑性もあり、夏越しも可能。初心者でも育てやすい宿根草です。
●開花後に剪定・刈り込みすると、もう一度花が咲きます
●秋に葉っぱが紅葉します

水やりと肥料

一般的な水やりをします。土が乾いて居たら水をやり、水をやるときは鉢底から染み出すくらいにしっかりとやります。頻繁に水をやると根腐れを起こすので注意してください。受け皿に水が溜まっているときは捨ててください。
冬は生育が鈍くなりますので、水は控えます。控えるのは頻度で水量は夏と同じです。
肥料はなしで
ベロニカオックスフォードブルーは肥料が無くてもしっかりと花が咲きます。むしろ肥料が多いと花が減るので注意です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け時期は冬に
流通自体は冬から初夏までありますが、耐暑性があるといっても、夏を越すとは限らない(環境地域による)ので、冬のうち、遅くとも春までに植え付けをして花を楽しみます。

用土は市販の花と野菜の培養土を利用します。
草丈が低く、よく繁茂し常緑ですので、雑草防止にもなります。

管理場所・日当たり

日当たりか半日陰で育てます。半日陰でも生育しますし、開花します。夏越が地域によっては厳しいので、暖地ならば半日陰で育てるとよいです。

特徴・由来・伝承

グランドカバーとしては数少ない青い花が咲きます。そのうえ宿根草。草丈が10cmほど。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用