ザルジアンスキア・ムーンライトフレグランスの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>ザルジアンスキア・ムーンライトフレグラ…

ザルジアンスキア・ムーンライトフレグランス(ナイトフロックス)

ザルジアンスキア・ムーンライトフレグランス
科名ゴマノハグサ科
学名Zaluzianskya
別名ナイトフロックス
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春先に店先に並んだものを、ベランダやお庭に植えて、春に咲き、夏には暑さで消えてなくなると考えてください。一年草タイプと多年草タイプがありますが、多年草でも日本の暑さには弱く、枯れてしまいます。

寒さには一定の抵抗がありますが、霜にあたると枯れますので、ある程度温かくなって霜が降りなくなってから植えるか、ベランダなどの軒下で管理してください。

種まきは9月~10月ですが一般的にはしません。

夏を越して何年か生育するのですが、株の寿命が短く夏越ししても甲斐がありません。また「夏越ししやすい」とラベルに書いてある品種でも大変です。一年草と割り切るのが吉。

水やりと肥料

土が乾いてから、水をタップリやってください。春以降の生育期には水をよく吸い上げて、水切れがおきやすくなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをするか、赤玉土腐葉土4を混ぜたもので植え付けをします。肥料はさほど必要なく、肥料が多いと花つきが悪くなります。

種蒔きは秋ですが、一般的には春に苗を植えます。

管理場所・日当たり

日当たりで管理してください。夏越しさせる場合は、夏前に剪定して風通しをよくしてから、涼しい半日陰か日陰で管理します。夏越しは出来なくはないのですが、株が乱れること、と株の寿命が元々短いので、一年草と割り切った方が気が楽です。

特徴・由来・伝承

Y型…というかカエルの手というか、馬のひずめというか…の花びらが数枚一組で花を作っているのです。昼間は半開きで、夜になると開いて、甘い香りを放ちます。
開いている画像が無くてスイマセン。
薄暗闇の中で真っ白いザルジアンスキアの花が浮かび上がる様子は神秘的。その不思議な花の形はまるで絵本の世界のようです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用