オックスフォードブルーの育て方

MENU
使い方
TOP>ゴマノハグサ科>オックスフォードブルー
スポンサードリンク

オックスフォードブルー(ベロニカペドゥンクラリス・ベロニカジョージアブルースピードウェル)

オックスフォードブルー
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ゴマノハグサ科
属名ベロニカ属
学名Veronica peduncularis Oxford Blue
別名ベロニカペドゥンクラリス・ベロニカジョージアブルースピードウェル
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
宿根草ベロニカのほかの種類と違って、地面を這うタイプ。グランドカバーにも使えます。耐寒温度はマイナス6~10度で、南関東なら戸外での越冬はOK。耐暑性もあり、夏越しも可能。基本的に頑健。初心者でも育てやすい宿根草です。花は受粉すると落花するが、次々咲くので気にならない。
育てやすいというか頑健で、いつのまにか繁茂している。しかし草丈も低いし、花も楚々としていて、あんまり問題ない。植えっぱなしが基本。
草丈
5cmから20cm、這うタイプ。
まとめ
水やりは普通。土が乾いたら水をやる。
肥料はあってもなくても。
●日当たりが良いが、半日陰でも開花する。
●梅雨前に半分に刈り込む。
●春に古い枝を根本から刈り込む。
●開花後に剪定・刈り込みすると、もう一度花が咲きます。
●秋に葉っぱが紅葉し、銅葉になる。

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
一般的な水やりをします。土が乾いて居たら水をやり、水をやるときは鉢底から染み出すくらいにしっかりとやります。頻繁に水をやると根腐れを起こすので注意してください。受け皿に水が溜まっているときは捨ててください。
冬は生育が鈍くなりますので、水は控えます。控えるのは頻度で水量は夏と同じです。

肥料

この項目の修正・提案をする
肥料はなしで
ベロニカオックスフォードブルーは肥料が無くてもしっかりと花が咲きます。むしろ肥料が多いと花が減るので注意です。それでも肥料があったほうが生育が良いので、春と秋に緩効性固形肥料を一ヶ月に一回やるか、液体肥料を二週に一回やります。
●そういう手間を掛けて育てる植物じゃない。肥料はあったほうがいいが、なかったからと言って枯れるものでもない。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
植え付け時期は冬に
流通自体は冬から初夏までありますが、耐暑性があるといっても、夏を越すとは限らない(環境地域による)ので、冬のうち、遅くとも春までに植え付けをして花を楽しみます。鉢植えは音がよく張るので一年に一回植替えをするようにします。
用土
用土は市販の花と野菜の培養土を利用します。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
草丈が低く、よく繁茂し常緑ですので、雑草防止にもなります。
植え付け・植替え
鉢植えの場合は、古い土を三分の一ほど落としておきます。同じ大きさの鉢に植え替えることも出来ますが、一回り大きな鉢に植え替えることも出来ます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●植替えのときも株分けも出来ます。手でさっくり分けて、別々の鉢に植え付けてください。

庭植えの場合は、深さ30cmの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●庭植えも密生して蒸れて枯れ込むようであれば、掘り出して株分けをします。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日当たりを好むが…
日当たりか半日陰で育てます。半日陰でも生育しますし、開花します。本来は日当たりが良いのですが、日本の夏の直射日光には弱いので、夏以外は日当たり。夏だけは涼しい半日陰で管理するようにするのが無難。
●高温多湿が苦手。夏越が地域によっては厳しいので、暖地ならば半日陰で育てるとよいです。


寒さには強い。寒さで地上部が枯れても根が生きていれば春にはまた芽吹く。ただし、土が凍ると根まで枯れてしまう。寒冷地は、株の上に腐葉土をかぶせて凍結を防ぐようにする。
●ただ、まー、マルチングって面倒ですよね。そういう手間をかける植物じゃないですもんね。寒冷地の中でも雪の深い地域は雪が保温になって、地面は凍っていないものです。なんにもしないで、春に芽吹いたらラッキーみたいな感じでいいと思う。

病害虫・剪定

病害虫・剪定
この項目の修正・提案をする
病害虫
アブラムシ
梅雨前の剪定
花が一段落する6月7月あたり…というか梅雨前に全体を半分ほど刈り込みます。匍匐しているものなので、半分っていっても分かりづらいですが、ようは風通しを良くして、夏・梅雨の蒸れを防げばいいです。また傷んだ葉っぱを取り除きます。
●梅雨前に刈り込むと夏前後にもう一回咲くかも。

春の剪定
冬越しした株の中には枝が枯れずに残ることがあります。この枝からも新芽が出るんですが、この古い枝には花が咲きづらいので春になったら、この地上部をバッサリと刈り込んでしまいます。
●ただ、強い植物なので、基本放置を決め込んでいるガーデナーは多い。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
グランドカバーとしては数少ない青い花が咲きます。そのうえ宿根草。草丈が10cm前後。性質は頑健で繁茂するが、花が楚々としていて厚かましさがない。オックスフォードブルーはペドゥンクラリス属の園芸品種。オックスフォード大学を象徴する色と花色が似ていることが名前の由来。ジョージアブルーという別名は自生地がグルジア国あたりだから。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用