ペンタスの育て方

MENU
TOP>アカネ科>ペンタス
スポンサードリンク

ペンタス(クササンタンカ)

ペンタス
科名アカネ科
属名ペンタス属
学名Pentas lanceolata
別名クササンタンカ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春から夏に掛けてのガーデニング材
日光を好み、暑さにも強くて、花が咲く時期が長く、病害虫に強い初心者向きのガーデニング植物です。
冬には枯れるものと考える
暑さに強い反面、寒さに弱く、一般的には一年草扱いで、冬には枯死すると考えてください。ちなみに、室内に取り込んで管理すると、冬越しも可能です。暖地では戸外で越冬することもあります。ですが、苗も安価ですし、それほど神経質になる必要は無いと思います。

春、寒の戻りが無くなる5月以降に植えます。余り早いと寒さで枯れるがあります。その後は水と肥料をやれば咲きっぱなしです。

水やりと肥料

ペンタスは湿った土を嫌い、水をやり過ぎると、腐って枯れてしまいます。目安としては春は1日一回、夏は1日二回、秋は一日一回です。あくまで目安として土が濡れていて、気温が上がりそうに無いなら水は控え、土が乾いたら、水をしっかりとやってください。

ペンタスは水切れを起こしますが、葉っぱがシオシオになっても水をすぐにやれば、復活しますので、ショックを受けずに水をやってください。

●過湿を嫌いますが、さすがに真夏は水切れを起こしやすいです。

●過湿を防ぐ為にプラスチックではなく素焼きの鉢で植えるといくらか防げます。素焼きの鉢は一般的に通気性が良いためです。

●蒸れて葉っぱが傷むのであれば、切り戻しをします。全体の半分でほど刈り込んで風通しをよくします。いつ行ってもよいですが、最も適した時期は春に植えて一通り花が咲いた梅雨前か、蒸れやすい真夏の前…7月前後。後は適宜行って下さい。

必ず肥料を追加しましょう
ペンタスは花の時期が長く、咲きっぱなしなので、肥料が切れると花つきが悪くなります。花が咲く6月以降は月に二回か三回、液肥を与えてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土は市販の培養土
水はけのよい土を好みます。市販の培養土を利用します。混ぜて自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
庭植えでもプランター鉢植えでも
ペンタスは一年草扱いですが、冬越しも可能です。生育温度は5度以上ですので、それほど難しくは無いハズですが、それほど神経質に育てるよりも翌年に新しい苗を買った方がいいでしょう。

管理場所・日当たり

夏の直射日光に弱い植物が多い中で、水の管理さえしていれば、花を咲かせてくれるペンタスはありがたい存在です。しっかり日が当たる場所で気にせず植えてください。

その他

花が咲いてひと段落したら、二節ほど切り戻しをします。ペンタスは放置しておくと、ドンドン伸びて樹形がだらしなくなりますので、早めに切り戻しをして、整えてあげましょう。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ペンタスは星型をしていて花びらが5つに裂けていることから5を意味する「ペンタ」…(ペンタゴンとかのペンタです)…が名前の由来と言われています。

ペンタスを含むアカネ科の植物はコーヒーの木のようにアルカロイドを含むことが多いです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アカネ科の仲間


アカネ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用