ボロニアピナータの育て方

TOP > ミカン科 > 更新日

ボロニアピナータ(ボロニアピンナタ)

ボロニアピナータ
科名ミカン科
属名ボロニア属
学名pinnate boronia
別名ボロニアピンナタ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

ボロニアピナータの育て方

ボロニアピナータの育て方
文章の修正耐寒温度は5度なので、霜に当たると枯れてしまいますので、霜が降りる地域では冬は室内で管理します。
育て方はボロニアを参考にしてください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正土が乾いたら鉢底から染みだす位に水をしっかりとやってください。水をやりすぎて常時土が濡れている状態だと、根が腐って枯れてしまいますので、土が乾くまでは水をやらないでください。メリハリある水やりを心がけてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正花が終わった頃に一回り大きな鉢に植え替えます。

市販の土で植えつけます。できれば水はけの良い土が好ましいので、市販の土に川砂を足して水はけをよくすると良いです。

管理場所・日当たり

文章の修正オーストラリアの植物で、高温多湿が苦手です。春~初夏までは戸外の日当りで管理しますが、夏は風通しのいい半日陰に移動させます。
地域にも寄りますが夏越しが難しいです。

冬は霜に当たると枯れますので、霜の降りない暖地以外は室内に移動させます。

特徴・由来・伝承

文章の修正ボロニアの一品種です。出回っているボロニアのピンクはこの品種が多いです。ミカン科で独特の香りがあります。ボロニア属はオーストラリアの固有種。1m50cmに成長します。ピンクか濃い紫がかったピンクの星形の花を咲かせます。

関係記事・人気記事

スダチ

スダチ(ミカン属)
[育て方の概要] 常緑低木。春に開花し、8月から10月に未成熟の緑のものが出荷されるが、そのままに木につけていると黄色くなって甘くなる。甘いといってもミカンほどじゃないですが。結実までは苗を植えてから3年…

山椒

山椒(サンショウ属)
[朝倉サンショを!] 通常の山椒にはトゲがあり、収穫しようとすると何かと面倒――痛いのです。また雌雄異株でひと株では実がなりません。利用価値は実だけでは無いとはいえ、実がならないのは悲しい。そこで朝倉山…

ヘンルーダ

ヘンルーダ(ヘンルーダ属)
ヘンルーダはミカン科の常緑低木でハーブの一種。香りが強いので、虫よけ・猫よけの効果があるとされます。[[猫よけとして植える人が多い。お店によっては「ネコヨラズ」という名前で売られることもあります。が、…

キンカン

キンカン(キンカン属)
キンカンの中で生で食べられるのはネイハキンカン・マルキンカン・ナガキンカン・ニンポーキンカン。その他のも生食に向かないだけで食べられます。樹高1メートルか2メートル。 [柑橘系では最も育てやすい] 暑さ…
管理用リンク
管理用