キャットミントの育て方

MENU
TOP>シソ科>キャットミント
スポンサードリンク

キャットミント(ブルーキャットミント・ネペタネルボーサ)

キャットミント
科名シソ科
属名イヌハッカ属
別名ブルーキャットミント・ネペタネルボーサ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

背丈は50センチ前後と若干背が高く、ふんわりと大きく育ちます。キャットニップとともに猫を寄せる植物として有名。種類によっては「マツタケ」の香りがします。頑健で育ちやすく、花の時期も長いので、初心者に向いています。ただし暑い地域では夏は暑すぎて開花しません。
寒さにも強く、関西以西では戸外で越冬可能な多年草です。冬は地上部がなくなったり常緑で残る(地域と種類による)。
夏は中間地では開花しませんが、冷涼地では夏も開花します。
まとめ
●乾燥気味に管理する。
肥料は控える。
●鉢植えの場合だけ春と秋に緩効性固形肥料(化成肥料)をやります。
●梅雨前に刈り込む。
●晩秋にも刈り込む。
●一年か2年ごとに鉢植えは植え替える。
●数年で株が老化して消えるので、その前に挿し穂して株を更新する。
スポンサードリンク

水やりと肥料


鉢植えの水やり
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。乾燥気味に管理するのがコツですが、真夏の蒸発の激しい時期には、朝と夕方にしっかりと水をやって下さい。逆に梅雨や秋の長雨の過湿気味になるときは、腐りやすいので水を控えて、雨の当たらないところに鉢を移動させてください。
●受け皿に水が溜まっていたら捨ててください。過湿に弱いので気をつけてください。

庭植えの水やり
庭植えした場合は自然に降る雨だけで充分です。
肥料
鉢植えの場合だけ、春と秋に緩効性固形肥料を少量やります。
庭植えの場合は肥料は不要です。
キャットミントはやせ地でもガンガン育ちます。逆に肥料が多いと株が弱ってしまうので、肥料は控えめにします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け時期は春と秋になっているんですが、多少ずれても大丈夫です。
鉢植えの場合
やせ地でも育ちます。ハーブ用の土や市販されている土で植えつけます。自作する場合は赤玉土4鹿沼土3腐葉土3を混ぜたものを使います。関西以西であれば戸外で越冬可能ですので庭植えしましょう。

鉢植えは1年か2年で根詰まりしますので、古い土を半分ほど落として、根を半分ほど切ります。根を切った方が新しい根が出やすいです。新しい土で植え付けてください。
株分けも可能です。

庭植えの場合
庭の土が粘土質で水はけが悪いところには適していないので植えないようにします。庭の土に腐葉土を混ぜて、植え付ける二週間前に石灰を一握り入れて中和してから植え付けします。

一箇所に植えて何年かすると株が弱ってきます。キャットミントは株の寿命が短いです。継続して育てる場合は挿し木して株を更新します。もしくは新しい苗を植えるか種を撒くか、別の植物を植えるかしましょう。
●挿し穂で増えます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所を好みます。
寒さに強いので、戸外のどこでも。

その他

梅雨前に刈り込む
キャットミントは乾燥に強く、過湿に弱いので梅雨に蒸れて枯れ込んでしまいます。なので梅雨前に刈り込むことで蒸れを防ぎます。地上部を10センチから20センチほど残してバッサリとガッツリと刈り込んでしまいます。ほぼ丸坊主です。
秋にも刈り込む
晩秋にも刈り込みます。梅雨前に10センチから20センチでしたが晩秋は地際ギリギリまで刈り込みます。
アブラムシ
アブラムシがつくかもしれません。キャットミントには虫除けの効果があります。香りにそういう成分が入っているみたいです。香りに関しては、好みがあるようで嫌いな人も居ます。ハーブティーにするとよく書いてありますが、美味しいわけではないみたいですwww。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

マタタビかそれ以上に猫をひきつけ、食べた猫をメロメロにするキャットニップの近縁種ですが、キャットミントには、キャットニップのように猫をひきつける力はありません。
●植えてるだけでは猫は来ない。草を切ると匂いが猫を寄せる。
●猫の個体にもよるらしい。そのくらいの効力。
●キャットニップ・キャットミント・マタタビが猫三種の神器。ここにサルナシが入ることも。

交雑しやすく、市販されているキャットミントでも同定(品種を特定すること)するのは難しいですが、どれも頑健で育てやすいので、品種にこだわる必要はありません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用