ブルームーンの育て方

MENU
TOP>バラ科>ブルームーン
スポンサードリンク

ブルームーン(バラ)

nophoto
科名バラ科
属名バラ属
学名Blue Moon
別名バラ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

バラの育て方も参考にしてください。

うえつけたらとにかく毎日、花や葉っぱの状態をチェックして下さい。虫が付いていたり、病気になっていたら、すぐにその部分を取り、虫には薬剤を散布して薬殺しましょう。

バラが枯れる原因は
●日光不足
●水不足
●病気・虫
肥料不足
バラの特徴は「肥料食い」と言われるほどに肥料を必要とすることです。通常の植物ならば肥料のやりすぎで枯れるような量でもバラにはなんともありません。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやってください。鉢植えの場合は鉢底から水が流れ出てくるくらいにしっかりとやってください。

バラに限らず、植物の葉の裏に気孔があり、そこから水分が蒸発していきます。なので、葉っぱが多いと水分の吸い上げが早く、葉っぱが少ない時期は水の吸い上げる力が落ちます。春から秋に掛けては葉っぱが増えますし、気温も高いので、ほぼ毎日水をやると考えて下さい。秋以降、気温が下がり、葉っぱが減ってきたら、それにあわせて水やりも減らして下さい。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土はバラ用の土か、赤玉土6・腐葉土2・完熟堆肥2を混ぜたものを使います。
●バラは弱酸性の土を好みますので、石灰などは混ぜないでください。
●「炭が植物に対して良い!」という話をテレビなどでしていますが、炭はアルカリ性で、あまり大量に混ぜると生育に悪影響があります。
●ブルームーンは性質が弱いので、小さな苗のうちに庭植えすると負けてしまいます。そこでまずは鉢植えで大きく育ってから庭植えします。
●庭植えしてから、負けてるな、と思ったら一旦、鉢にあげて育てなおすという選択肢も。
●庭植えしたものを掘り返すと、どうしても根が切れるためおすすめしない。
●最近は苗が安いので買い直すほうが早い。

鉢植えするときは、出来るだけ深い鉢に植えてやってください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。

その他

ツルのブルームーンの場合は誘引する必要があります。結構硬いので自立しそうですが、自立は出来ません。フェンスなどにヒモでくくって、都合の良い方向へと伸ばしてやって下さい。ブルームーンは枝が硬いので、後から曲げにくいです。最初から計画的に誘引しましょう。

特徴・由来・伝承

1964年に作られた園芸品種。ドイツが原産。比較的病気に強く、育てやすい。名前はブルームーンなのですが、青というよりは紫だとか藤色だとかで、サントリーが遺伝子組み換えとはいえ、実際に青いバラを作った今となっては、「ブルー」を冠するにはちょっと…という印象もあります。

しかし、ブルーローズという言葉が「不可能」だとか「奇跡」を表す言葉であるように、青いバラを目指す過程で生まれたこのブルームーンは、園芸の歴史を思うときに、感慨深いものがあります。

数々のバラの賞を取ったブルームーンは青系バラの中では育てやすくとっつきやすいバラです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用