センノウの育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>センノウ

センノウ(リクニス・センノウゲ・仙翁花)

センノウ
科名ナデシコ科
属名センノウ属
別名リクニス・センノウゲ・仙翁花
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


毎年花が咲く多年草です。センノウには、いろんな種類があり、どれも強健で育てやすいものです。見た感じはナデシコに似ています。花の色が朱色であることが多く、暑苦しいと感じるか派手でよいと感じるかは人によります。
センノウでよく流通しているのはマツモトセンノウで、通常のセンノウよりさらに頑健。一般にセンノウとして流通しているのはマツモトセンノウだと思われます。
摘芯
花が咲く前の5月頃に、摘芯をすることで脇芽が出てつぼみが増え、花がたくさん咲くようになります。やるのとやらないのでは大違いです。
まとめ
●真夏の直射日光に弱いので、夏は半日陰へ。
●よって鉢植が便利。
●夏の水切れに注意。
●春と秋に緩効性固形肥料。夏は液肥を。
●痩せ地でも育つ植物なので肥料が多いと枯れるから注意。
●鉢の植え替えは毎年。
スポンサードリンク

水やりと肥料


鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりと水をやります。鉢底から水が流れ出すくらいにやってください。

庭植えの場合は、一旦根付いたら、自然雨だけで十分生育します。乾燥に強いですし、頑健です。ただし夏など日照りが続くようであれば、水をやってください。
肥料
春と秋に緩効性の固形肥料をやります。初夏・夏は液体肥料を二週間に一回程度やってください。ただし肥料が多いと枯れるし、多少の痩せ地くらいなら枯れることはないので、肥料は少なめ。

植え付け・植えかえ・種蒔き

「センノウ」は種子が出来ないのですが「マツモトセンノウ」「オトメセンノウ」は種子ができるので、種まきも可能です。種蒔きは2月か3月に行います。
苗の植え付けは2月~4月が適期。
ホームセンターや花屋では苗はほとんど見かけ無い。どうしても植える場合はネットショップで買うのが早いです。
●鉢植の植え替えは毎年。長くて2年に一回。
●庭植えしている場合でも、3年ほどで芽が出るところが地表に出てきてしまうので、掘り上げて深く植え替えをする必要があります。面倒。
●種子ができるタイプはこぼれダネで株が増える。

用土
土質はこれといった指定はありません。市販されている土で植え付けを行います。山野草の土のほうが適しています。
●株間は25センチほど空けます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、半日陰、明るい日陰でも生育します。真夏の直射日光・暑さに弱いので、7月以降は半日陰で管理します。庭植えの場合は最初から半日陰に植えるとよいです。
●茎がヒョロヒョロなのは日照不足。管理場所を考え直しましょう。

耐寒温度はマイナス30度なので寒さには強い。ただし、霜に当たれば地上部は痛みます。

特徴・由来・伝承

中国から渡来した多年草。日本で栽培されているセンノウは3倍体であるために種子が出来ない。増やすには挿し木か株分け。
室町時代には仙翁(センノウ)の切花を七夕に贈る風習があり、七夕のことを「仙節(仙翁の節句から)」と読んでいました。江戸時代にはかなり品種改良されましたが、失われました。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用