サギナ(アイリッシュモス)の育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>サギナ
スポンサードリンク

サギナ(アイリッシュモス)

サギナ
科名ナデシコ科
属名サギナ属
学名Sagina subulata
別名アイリッシュモス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

コケではないです
アイリッシュモス(モスは苔の意)とも呼ばれるし、見た目が苔っぽいですが苔ではなく、普通のナデシコ科の植物。草丈がコケのように低く、環境が合えば、よく広がることから、グランドカバーにも利用されます。冬の寒さには強い(マイナス5度)です。ただし夏の高温多湿に弱く、夏は何かの植物の日陰になって、風通しが良い場所が適しています。
まとめ
●鉢植えで室内管理が無難
●高温多湿に弱い
●春と秋に緩効性肥料をやるが、肥料は少なめで。

水やりと肥料

見た目に騙されずに、水やりは普通に
見た目がコケのようなのですが、ナデシコ科で多湿に弱く、見た目でなんとなく水をジャンジャンやっていると腐って枯れます。あくまで水やりは普通の植物と同じように、「土が乾いたら」水をやる程度にします。水をやるときは鉢底から水が染み出す位にしっかりと。受け皿に水がたまっていたら水を捨ててください。
●むしろ過湿に弱い。蒸れると腐って枯れてしまう。水のやりすぎに注意。

冬は生育が止まるので、更に乾燥気味にします。
肥料
春と秋に緩効性固形肥料をやってください。ただしあまり肥料が多いと弱りますので、控えめに。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

冬のサギナに注意
春に植えるか、秋に植えるか。春に植える場合は温室で育てて出荷しているらしいので、急に寒波に当たると枯れることがあるかもしれないです。強い寒波(マイナス5度とか)がこなくなるまでは植えるのは控えましょう。

管理場所・日当たり

日光を好む
観葉のような扱いをされますが、ナデシコ科の植物で、日光を好みます。日光が少ないと間延びしてヒョロヒョロになります。年間を通して出来れば日当たりがいいですが、真夏は風通しのよい半日陰です。
冬の寒さに強いといっても
マイナス5度まで。霜に当たっても枯れないですが、強い寒波が来るとダメ。寒冷地では室内で管理します。寒冷地ではないけど霜が降りる程度ならば、戸外でOK。暖地では戸外で越冬しますが、夏の高温多湿対策が必要です。
戸外のグランドカバーというよりは、室内で管理する小さな観葉植物と考える方が無難。ベビーティアーズのような感じです。でも、サギナ(アイリッシュモス)が庭にグランドカバーとして生えていたら、嬉しいでしょうね。植えてみて広がればラッキーという姿勢で植えてみてもいいかも。

夏は高温多湿に注意
夏の高温に若干弱く、ジメジメした環境では腐って枯れてしまいます。風通しの良い半日陰が理想。水を控えすぎると、乾燥で枯れるし、試行錯誤してコツを掴んで下さい。

特徴・由来・伝承

サギナは別名アイリッシュモスで流通するナデシコ科の植物。モスと名が付いていますがコケの仲間ではなく、花が咲きます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用