紫式部の育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>紫式部

紫式部(ムラサキシキブ)

紫式部
科名クマツヅラ科
別名ムラサキシキブ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

夏に花が咲き、秋に実を付け、冬は落葉します。春にはまた新芽が芽吹きます。このサイクルを繰り返します。水切れに弱く、水が切れると葉っぱがチリチリになり、枯れてしまいます。もしもそうなったら、枝先を切ってみます。切り口の中心部まで枯れているようであれば、その部分は枯死していますので、剪定してしまってかまいません。切り口の中心部に緑の芯があれば、まだ枯死していませんので、時期がくれば芽吹きます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水を好み、土が年中湿っているくらいの状態を好みます。水切れを起こすと葉っぱがチリチリになって、やがて枯れてしまいますので、庭植えにした場合でも、日当たりなどによっては水をしっかりとやってください。鉢植えにすると、根を張るスピードが速いために水切れがおきやすくなります。庭植えが適しています。

鉢植えの場合は葉っぱがダラリとしてか羅水をやってもOK。復活できます。

肥料は冬の間に寒肥として緩効性固形肥料をやります。やらなくても構いません。もともとムラサキシキブはあまり肥料を必要としません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植えるか、赤玉土腐葉土4を混ぜたもので植え付けをします。

管理場所・日当たり

日当たりの良い場所でも半日陰や、少しくらいなら日陰でも生育し、暑さにも寒さにも強く、北海道でも成育します。冬の防寒も必要がありません。

剪定について

花は春以降、芽吹いた枝に花芽をつけます。つまり春から夏に掛けて剪定をすると花が咲かなくなります。剪定をする時期は、芽吹く前、3月までです。

剪定する方法はこれといってありません。あなたが都合の良い樹形になるように形を整えます。

特徴・由来・伝承

樹高3メートルに成長する落葉低木。夏に花を咲かせ、艶のある鮮やかな紫の実を秋につける。その実を鑑賞する植物です。ムラサキシキブという名前は当然、平安時代の古典文学「源氏物語」の作者「紫式部」なのですが、これは元々この植物が「ムラサキシキミ」と呼ばれていたことから変化しただけと言われています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用