ルブスの育て方

MENU
TOP>バラ科>ルブス
スポンサードリンク

ルブス(ルブスクラシック・トキワイチゴ)

ルブス
科名バラ科
学名Rubus calycinoides
別名ルブスクラシック・トキワイチゴ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

新芽にトゲがありますので、気をつけてください。
市場に「ルブスクラシック」という名前で出荷されていましたが、これは「昔からあるルブス」くらいの意味だと思います。流通名は商品名なので、出荷者が自由につけられるからです。

写真のルブスは「ルブス・カリシノイデス」です。もっと色の鮮やかな「サンシャインスプレンダー」もあります。他にも何種か出回っています。カリシノイデスは寒さで紅葉します。紅葉もキレイです。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れているうちは水をやらないようにしてください。若干湿気に弱い傾向がありますが、それでも育てやすい植物です。

生育期間に液肥を月に二回か三回ほどやり、2月の落葉時期に根本に固形肥料を少し撒きます。肥料はあまり必要ではありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

日向でも育ちますが、半日陰でも育ちます。丈夫で地表を覆い、他の植物を邪魔してしまいますので、植えるときは広がり過ぎないように引っこ抜く覚悟で植えます。

春に芽吹き、花が咲いて夏に実がなり、秋には紅葉して、冬には落葉します。また春には芽吹きます。

夏の暑さ、直射日光にも負けません。また寒さにも強いので初心者向きです。

特徴・由来・伝承

ルブスはキイチゴの仲間のラズベリやブラックベリーの属名で、そういう意味では総称なのですが、「ルブス」と言った場合は、這って増える葉っぱを楽しむカラーリーフプラントのことを挿します。

繁殖力旺盛で、横へ横へと増えていくので、グランドカバーとして植えるガーデナーさんも増えています。花も咲き、小さなイチゴのような実をつけます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用