カラテアの育て方

MENU
TOP>クズウコン科>カラテア
スポンサードリンク

カラテア(ヤバネシワヒメバショウ)

カラテア
科名クズウコン科
属名カラテア属
学名Calathea
別名ヤバネシワヒメバショウ
みずやり水を好む
場所室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

夜になると葉っぱが立つ
カラテアは夜になると葉っぱを立てる「休眠運動」というのを行います。ネムノキエバーフレッシュのようなものですね。種類にもよりますが葉っぱの裏が紫色になっていて表側と色合いが全然違うので葉っぱを立てるとこの裏側が見えるようになり、「え」とビックリします。悪い病気になったのかと勘違いする人も。
まとめ
●湿度が低いと葉っぱが丸まり、最悪枯れる。
●春から秋は直射日光に当てない。カーテンなどで遮光する。
●土が乾いてきたら水をやる。
●冬は水を控える。
●年間を通して葉っぱに霧吹きで水をやる。
●耐寒温度は10度。10度を切ると葉っぱが枯れこんで来る。葉っぱが枯れてきても、根まで枯れていなければ春にはまた芽吹く。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやる。というのが基本です。春から秋に掛けては生育しますので、水を吸い上げる力が強く、水をやれば生長します。とはいってもあまり水をやりすぎると根が腐ってしまいますので、土への水やりはほどほどにして、葉っぱに霧吹きを掛けてやります。

葉水…葉っぱに霧吹きで保水を
熱帯の植物で空気中の湿度が高い状態を好みます。年間を通して霧吹きで葉っぱに直接、水を補給してあげます。夏はクーラー、冬は暖房の風が当たらないようにします。冷暖房の風はとにかく乾燥していて、この風が直接当たっているとカラテアに限らず、乾燥しすぎて枯れてしまいます。
乾燥すると葉っぱの裏に紅い小さな虫――ハダニが発生します。これは霧吹きで葉っぱの裏にも水を掛けることで予防できます。

肥料
春から秋の生育時期…最低気温が20度以上の時期に液体肥料を二週に一回やります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土
観葉植物の土に川砂を一割混ぜたものか、赤玉土小粒7腐葉土3を混ぜたものか、ミズゴケ単用で植え付けをします。
植え替え
植え替えは二年に一回。5月6月あたり…最低気温がだいたい15度以上になってから行います。この頃だと植え替えのストレスを生育して取り返せるからです(他の季節では植え替えは無理)。鉢から取り出して、古い土を三分の一ほど落としてから植え付けします。ミズゴケで植わっている場合は、腐ったミズゴケを取り除いてから新しい鉢に植え替えをします。大きくする場合は大きな鉢に、これ以上大きくしたくない場合は、株分けして適当な大きさに調節します。
●株分けはハサミやナイフで上(=地上部側)から、適当に真っ二つにして分ければいいです。それぞれを植え替えます。
根詰まりを起こした状態になると、生育が止まり、下葉から枯れてきます。植え替え・株分けをして根が広がるスペースを確保すれば生育するようになります。

植え替え直後は水をしっかりとやって、乾かないようにしてください。一カ月ほどで新しく根が出て来ます。
●植え替え・株分けをするときに葉っぱを1割か2割ほど落とすと、根の負担が軽くなり、回復が早くなります。

管理場所・日当たり

直射日光を嫌います
カラテアは熱帯雨林の大きな樹の根本などに生える植物で、カラテアまでは直射日光は届かない環境です。直射日光が当たると葉っぱが焼け、丸まってきます。室内の明るい場所や明るい日陰で管理します。窓辺に置く場合はカーテンで遮光します。冬は必ず室内ですが、春から秋の最低気温が20度以上になれば戸外でも構いません。

風に弱い
強い風に晒されると葉っぱを丸めて身を守ろうとします。そうでなくても、風が強いと鉢ごと倒れやすい植物ですから、春から秋に戸外で管理するときに風が通る場所は避けます。

冷暖房の風に注意
冷暖房の風は非常に乾燥していて、これに直接当たると葉っぱが乾燥して枯れてしまいます。カラテアは葉っぱを丸めて自分を守ろうとします(目安としてください)。風に当たらないようにして、湿度が低い場合(50%以下)は霧吹きで葉っぱに水をやって乾燥を予防します。

冬の寒さ対策
春から秋に掛けて戸外で管理していても、冬の寒さにカラテアは弱いので必ず室内に取り込んでください。カラテアは冬でも10度以上に保ちます。気温が下がる夜は、スッポリと入る段ボールに入れて防寒したり、リビングなど昼間に人が生活した場所の暖かい場所――部屋の中央など――に移動させます。
●10度以下になると枯れ始めます。枯れた葉っぱは切除して取り除いてください。
●10度以下になってしまい、地上部が枯れても、根まで枯れていなければ、春に気温が上がるとまた新芽が出てきます。もう、そういう「冬には枯れる観葉だ」と割り切ってしまってもいいです。ただし、冬に地上部が無くなっても定期的に(月に2回くらい)水をやるようにしてください。完全に水を切ると根まで枯れてしまいます。
スポンサードリンク

その他

枯れた花・葉っぱは取り除く
枯れた花や葉っぱは早めに取り除いて下さい。

黒斑病・斑点病
春から秋の高音・高湿度の環境で発生します。葉っぱに斑点ができて美観を損ねます。原因はカビで、放置していると胞子によって他の部分にも移ります。病気部分は切除して廃棄します。原因は水のやりすぎと、肥料不足か肥料過多。湿度が高いのに霧吹きで葉水をしていませんか?

ハダニ・カイガラムシ
ハダニは乾燥すると発生しやすい。葉っぱの裏にも霧吹きで水をかけることで予防できます。大量に発生したら薬剤を散布します。カイガラムシはどうにも発生するので、見つけ次第、歯ブラシでこそぎ落としてしまい、薬剤を散布します。

特徴・由来・伝承

まるで造花のような艶のある質感と、規則正しくも曲線の多い独特の模様の葉っぱを楽しむ観葉植物として長く花屋さんで流通していたのですが、実は花も綺麗で独特な雰囲気があります。最近よく見かけるのがカラテア・クロカータ。鮮やかなオレンジの花に黒に近いような葉っぱが映えるギフト向きの花鉢です。

自生地は熱帯アメリカ。切り花でもオーストラリアから輸入されます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

カラテアの関連記事

カラテアの日記

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用