アルケミラモリスの育て方

MENU
TOP>バラ科>アルケミラモリス
スポンサードリンク

アルケミラモリス

nophoto
科名バラ科
学名Alchemilla mollis
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

生育サイクル
春に芽吹いて、春から初夏に花を咲かせます。うまく夏越しさせると寒さにあたって秋に紅葉し、冬には枯れて地上部はなくなりますが、根は生きていて、春にはまた芽を出します。

梅雨前に刈り込む
とにかく高温多湿に弱く、夏に風通しが悪いとどんどん腐って枯れてしまいます。この時期に枯れたら根まで枯れてしまうと思ってください。ムレ帽子に梅雨前にアルケミラモリスを短くカットします。短くというのは地表10センチくらいまでです。うまく夏を越せれば秋にはまた出てきます。

冬に枯れたら掃除する
アルケミラモリスは冬には寒さで地上部が枯れますが春にはまた芽を出します。春に新芽が出たときに邪魔になるので冬に枯れた枝を掃除しておきましょう。

夏越しに期待しない
地域にもよるのですが夏越しはムツカシイです。腐葉土マルチングするとコガネムシにやられ、半日陰に移動しても必ずしも越すとも限らず。非常に生育が早く、春から初夏まではどんどん株が大きくなりますので、それまでに楽しんだら、夏には枯れるものとあきらめた方が精神衛生上健康です(そんなに割り切れないですが)。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。高温多湿に弱いので水のやりすぎには注意して下さい。

庭植えした場合は、土の水もちの具合にもよりますが、ほとんど降雨だけで十分育ちます。乾燥に強い方です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春に植え付けをします。霜が降りなくなってから植えてください。霜に当たると枯れてしまいます。店先には早めに出ますので気をつけましょう。

日当たりを好むのですが
日光を好むのですが、高温多湿に弱いことと半日陰でもそれなりに育つことから、夏に暑い地域ならば半日陰で育てます。鉢植えならば夏は風通しの良い半日陰か日陰へと移動させます。

こぼれダネで増える
春に咲いた花に種が出来ます。これがはじけて遠くに飛んでいき、広範囲にこぼれダネが落ちて増えます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのよい場所か半日陰で管理します。

アルケミラモリスはとにかく夏越しが問題になります。夏越しさえ出来れば、年々株が大きく育ち、こぼれダネで株数も増えていきます。

風通しをよく
梅雨前に刈り込むのもコツですが、アルケミラモリスの周囲に他の植物を茂らせると風通しが悪くなります。アルケミラモリスが高温で枯れるのは、株――根っこのあたりの温度が問題です。

株元にマルチング
アルケミラモリスの株元に腐葉土やジャリを敷き詰めることで株の温度が上がるのを防ぐ効果があります。ジャリは水はけがよくなりますが、日当たりが良いと逆に暑くなることも。腐葉土はコガネムシの幼虫が発生する可能性があります。

特徴・由来・伝承

切花でよく見かける植物。繊細な葉っぱと花、鮮やかなで柔らかな色合いが花束によく利用されます。耐寒性が強いのですが、高温多湿に弱く、蒸れると腐って枯れてしまいます。半日陰で管理していても、夏越しが出来ずに枯れてしまうことがほとんどです。寒冷地であれば夏越しは可能です。

独特の雰囲気
他の植物には無い独特の雰囲気で、コレを育てたい!という人は多いです。イングリッシュガーデンでよく見かけるのですが、日本の気候にあっていないために、植えても夏越しで出来ずに枯れてガッカリします。

別名がレディースマントル――女性のマント。アルケミラモリスがヨーロッパでよく植えられている理由にハーブの効用があります。婦人病に効果がり、化粧水にもなります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用