オーデコロンミントの育て方

MENU
TOP>シソ科>オーデコロンミント
スポンサードリンク

オーデコロンミント(ベルガモットミント・オレンジミント・レモンミント)

オーデコロンミント
科名シソ科
属名ハッカ属
学名Mentha × piperita Ctrata
別名ベルガモットミント・オレンジミント・レモンミント
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

甘い香りのペパーミントの一種
青い藤色の花を咲かせ、茎も紫色がかった深緑。甘い香りが人気のハーブです。風にそよいで甘い香りがすると、育ててよかったと思いますよ。
注意点
●繁殖力旺盛で、地下茎とランナーで爆発的に増えて、他の植物を駆逐することがある。プランターや鉢で育てるか、庭植えするならば、深さ1mの仕切りをつける。
●中性かアルカリ性の土を好み、酸性では枯れる
●やや湿った場所を好む
●真夏の過湿と乾燥に若干弱い
●他のミントと交配しやすく、雑種は香りが薄くなる。すでに別のミントを植えているなら、植えないほうがいい
アブラムシを寄せ付けないコンパニオンプランツとしても。
●花をそのままにしていると、香りが鈍くなる

水やりと肥料

水遣りは普通に
鉢植えにした場合は、土が乾いて居たら水をしっかりとやります。鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。春から秋に掛けては、土の様子を見て水をやります。真夏は過湿にすると腐ってしまうことがありますが、まぁ、よほどのことです。
どちらかというと極端な乾燥の方がオーデコロンミントを枯らす原因です。
冬に注意
冬になると地上部が枯れてしまいます。ですが地下では根が生きていて、春を待っています。庭植えしている場合は、自然雨で十分ですが、鉢植え・プランター植えしていると、地上部が無いので、水をやり忘れがち。でも、水をやらないと地下茎まで枯れてしまいます。たまに水をやってください。
乾燥に弱い
少々しめった場所を好みます。
肥料は控えめに
ミント類は肥料が多いと香りが鈍くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

アルカリ性の土を好む
アルカリ性か中性の土を好みます。新品の培養土で育てないなら、庭の土や古い土に苦土石灰を混ぜて、中和させる必要があります。
日本の雨は弱酸性で、雨ざらしにしていると、徐々に酸性に傾き、オーデコロンミントは枯れます。
用土は培養土
用土はハーブ用の土か、一般的な培養土を利用します。自作する場合は、赤玉土腐葉土3を混ぜたもの。肥料はあってもいいですが、なくても構いません。

管理場所・日当たり

半日陰でも日当たりでも
オーデコロンミントは頑健な植物で、日当たりでも半日陰でも育ちます。ただいs真夏の乾燥・過湿に枯れることがありますので、夏対策のために、最初から半日陰で育てると気が楽です。

夏の直射日光と乾燥と過湿に若干弱いです。この時期は、鉢植えならば風通しのよい半日陰か日陰で育てるとよいです。といっても、ソウ簡単に枯れる植物ではないので、(環境によってはダメージがあるかもしれませんが)そのままでも枯れやしません。

寒さに強く、戸外で放置します。地上部は枯れますが、春になればまた芽を出します。

特徴・由来・伝承

ペパーミントの変種で、ラベンダーのようでもあり、甘い柑橘系の香りのようでもある、いい香りがするので、人気があります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用