オーレアの育て方は見つからない

TOP > 雑学 > …

オーレアとは

オーレアとは
文章の修正を申請する
オーレアは金色のこと
オーレアとは「Aureumu」のこと。
意味合いは「金色」です。
なので葉っぱの色が黄色(金色)に見えるものにはバリエガータ同様にオーレアという名前がつきます。よっていろんな種類の品種に「オーレア」という名前がついています。なので「オーレアの育て方」で検索してなかなか欲しい情報にたどり着きません。

植物の種類+品種
○○オーレアという名前がタグについているはずです。オーレアは品種名で、育て方を調べるべきはこの○○という部分です。
スポンサードリンク

オーレアの名前がつく植物

文章の修正を申請する
リシマキア・ヌムラリア・オーレア
サクラソウ科 Lysimachia nummularia Aurea
=ヨウシュコナスビ。育て方はリシマキアで。

サワラのフィリフェラ・オーレア
ヒノキ科 Chamaecyparis pisifera Felifera Aurea
=オウゴンヒヨクヒバ。背の低いグランドカバー向きのコニファーフィリフェラオーレアで流通しているので「フィリフェラオーレア」で検索するとヒットする。


アイビーのアンギュラリス・オーレア
アイビーのルシーダ・オーレア
ウコギ科 Angularis Aurea 育て方はアイビー・ヘデラのページで。

プルモーサオーレア
ヒノキ科 Juniperus pfitzeriana Plumosa Aurea

他にもあるはず

他にもあるはず
文章の修正を申請する
オーレアは黄金という意味で、葉っぱが黄色いとつけられやすい。上記の他にもメギラミウム(ラミューム)、イポメアオレガノ、メラルーカ、コニファーのいろいろ、カレックスポトスオダマキ、ツユクサ、ゼラニューム、カンナ、ハナシキブ、ニセアカシヤなど。育て方に特殊なものは無いが、黄色の部分には葉緑素が無い、もしくは薄いので、若干性質が弱いことがある。

ちなみに画像は「リコリス・オーレア」。これは花が黄色(金色)ということですね。
管理用リンク
管理用