オレガノの育て方

TOP >シソ科>>管理

オレガノ(ハナハッカ・花薄荷)

オレガノ
科名シソ科
属名ハナハッカ属
別名ハナハッカ・花薄荷
水やり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. オレガノの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他・剪定
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

オレガノの育て方

オレガノの育て方
文章の修正頑健で育てやすいハーブですが、夏の多湿に弱い
オレガノは耐寒性がありますが、その反面、夏の湿気に弱く、梅雨から夏に掛けては注意が必要です。この時期は雨が当たらない場所に移動させるか、元々風通しのいい場所に植えておくかしましょう。
冬は霜に注意
耐寒性があるといっても霜や雪には弱いので、霜が降りる地域では冬は室内に取り入れるか、軒下などの霜の当たらない場所で管理してください(地上部が枯れても根が生きていて春には芽吹くが、霜に当てなければ地上部が残る)。
葉がよく茂るのに病気
オレガノはこれといった手入れも必要でないので、環境が合えば毎年咲いてくれます。春から夏にかけてよく茂るのですが、その旺盛な繁茂が原因で風通しが悪くなり、葉っぱが蒸れて腐ってきます。梅雨前に切り戻しをして、風通しをよくしましょう。
まとめ
●オレガノはシソ科のハーブ。多年草宿根草
水やりは乾燥気味に管理する。水やりが多いと腐って枯れる。ただし夏場の乾燥時期は逆に水切れに注意。
肥料は控えめにする。
●日当たりがよいが、夏の高温多湿に弱いので、夏は半日陰に移動するか、夏は半日陰になるような場所に植える。
●梅雨前・夏前に蒸れ対策で剪定すると良い。
●環境があえば良く増える。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水のやりすぎに注意
水は年中乾燥気味が好ましいです。乾燥には比較的耐性があり、湿気に弱いです。梅雨などは雨が当たらないようにしてください。水やりが多いと腐ってしまいます。庭植えの場合は、乾燥気味に管理します。
鉢植えの場合は土が乾いてから水をやるようにします。土が濡れているのに水を頻繁にやっていると根腐れしてしまいます。受け皿の水は捨ててください。
●庭植えの水やりは自然に降る雨+多少の水やり。水やりの頻度は日当たりや風通しなどの環境によってかなり違う。
●乾燥気味に管理しますが、夏の乾燥時期はさすがに水切れを起こします(庭植えでも起きるし、鉢植えはなおさら起きる)。水切れしないように水やりをしてください。

肥料は控えて
オレガノは肥料をあまり必要としません。肥料を多く与えると香が少なくなったり、茎がヒョロヒョロと長く伸びて風で倒れやすくなったり、枯れることもあります。肥料は控えめにしてください。
●窒素分が多いと枯れる。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正種を撒く場合は春と秋に撒きます。植える場合は梅雨と夏を避けた春と秋に植えます。オレガノを種から撒いた場合は一年目には花が咲きません。花が咲き種を収穫できるようになるのは二年目以降です。
根詰まりで株が弱る
数年育てていると根詰まりを起こします。鉢植えから根っこがはみ出ているようであれば、植え替えを考えてください。オレガノは根の張りが早く、鉢植えの場合は毎年植え替えをします。用土はハーブ用の土を利用します。
植え替え手順
鉢植えの場合は、植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの場合は、深さ20cmほど掘り出した土に腐葉土堆肥を2割ほど混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●オレガノの土はとにかく水はけ良く。庭の土の水はけが悪い場合は、川砂などを混ぜて水はけを良くしてから植えてください。

管理場所・日当たり

文章の修正春から夏の管理場所
オレガノは日当たりか半日陰で育てます。日当たりの方が香りが強くなりますし、よく茂りますが、真夏の多湿・蒸れを思うと風通しの方を優先した方が賢明。鉢植えならば移動が可能なのでその都度、場所を変えます。
●春と秋は戸外の風通しの良い日当たり。夏は戸外の半日陰で育てる。冬は戸外で管理。

冬の管理場所
オレガノは寒さに強く、マイナス10度まで耐えます。ただし0度前後で地上部が枯れてしまいます。地上部が枯れても春には芽吹くので冬の間も管理してください。
●霜に当たると地上部が消えるので、それが嫌な場合は室内に取り込んでしまうのも手。一般的じゃないけど。

その他・剪定

文章の修正環境に合うか合わないか?
そこが問題だ

オレガノは気候があう地域だったり、環境の合った庭の場所さえあれば楽です。手間もかからず、フォルムもかわいい。大きくなりすぎることも無い。オレガノ・ケントビューティーなど人気の植物ですから、何度と無く挑戦する人は多いですが、「何回か挑戦したらあきらめる」と決めてから取り掛からないとストレスになります。まぁ、場所を代えて三回くらいでしょうね。参考までに。
剪定
刈り込んでも、復活する。日本の気候は夏に高温多湿になるが、他の国では夏は乾燥するもので、これがハーブ系にはキツイ。特に高温多湿の梅雨と夏に枯れることが多く、しかもよく繁茂するオレガノはこの時期に葉っぱが蒸れて腐って消えることが多い。そこで、夏・梅雨前に繁茂していたら、全体を刈り込んでやる。半分くらい刈り込んで、傷んだ葉っぱ(黄色いもの・変色したもの)を取り除いてやる。これでかなり予防できる。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正シソ科のハーブ。寒さには強い多年草。ただ夏の高温多湿に弱く、この時期に枯れることが多いです。
名前の由来
オレガノという名前はギリシャ語で「山の喜び」を意味する言葉「オロス・ガロス」が由来。和名はハナハッカ。植物そのものよりも香が有名で、オレガノという言葉は植物ではなく、その香を指していることが多いです。
古くから利用されるハーブ
オレガノのハーブティーには頭痛や歯の傷み、生理痛を和らげる鎮痛作用があるといわれています。エジプトでは古くから入浴後にオレガノの精油でマッサージをするなどしてこのハーブの効用を利用していました。ヨーロッパには中世以降に伝わり、花束や匂い袋などに利用しました。

花も美しいですが、葉っぱの色合いを楽しむものが最近は流通しています。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

チェリーセージ・ユニークカラーズ
シソ科アキギリ属
バロータ
シソ科
コリウス
シソ科コリウス属
シルバータイム
シソ科イブキジャコウソウ属
スクテラリア
シソ科タツナミソウ属
オルトシフォン・ラビアツス
シソ科オルトシフォン属
モナルダ
シソ科ヤグルマハッカ属
ラミウム
シソ科オドリコソウ属
ネコノヒゲ
シソ科オルトシフォン属
ラベンダー
シソ科ラベンデュラ属
スポンサーリンク