ビーダンスの育て方

MENU
使い方
TOP>キク科>ビーダンス
スポンサードリンク

ビーダンス(ビデンス)

ビーダンス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名ビデンス属
別名ビデンス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
育て方の概要
ビデンス(ウィンターコスモス)の園芸品種。そもそもビデンスが長く開花して強い植物で、それが更によく開花するようになっている。関西以西では初心者向け。
大きさ・草丈・樹高
草丈30センチ・横幅60センチから80センチ
流通時期
2月から4月
まとめ
ウィンターコスモスの園芸品種。
●香りが強く蜂や蝶が寄ってくる。
●夏以外は日当たりで管理する。半日陰でもいいが日光が少ないと開花が鈍くなる。
●夏は涼しい半日陰で管理する。
●冬は霜には当てない方がいいが、霜に当たって地上部が枯れても春には芽吹くかもしれないでの諦めないで管理する(水やりをする)。
●冬は霜の当たらない・雪の積もらない場所で管理した方がいい。
●冬は水やりを控える(生育が鈍いため)。
●水やりは土にする。葉っぱにかけない。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
鉢の水やりのコツ
土が乾いたら水をやります。土が濡れているうちは水をやりません。土に触って見て濡れているようなら水をやりません。受け皿に水が溜まっている場合は水を捨ててください。そのままにしていると水が腐って根腐れの原因になります。
庭植えの水やりのコツ
庭植えにした場合は自然に降る雨だけで十分です。ただし乾燥する時期は水をやってください。
夏の水やり
葉っぱに水がかからないように、土に注ぐように水をやります。葉っぱに水をかけると葉っぱが蒸れて腐ってかれてしまいやすくなります。
冬の水やり
冬は生育が鈍くなるので水やりは控えめにして乾燥気味に管理します。
肥料
生育時期は一ヶ月に一回緩効性肥料をやるか、二週間に一回液体肥料をやる。肥料が不足すると開花が鈍くなる。液肥の方が使いやすく即効性がある。冬は肥料を控えめにします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
用土
一般的な花と野菜の培養土か、自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜて、緩効性肥料を加えてください。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので新たに肥料は不要です。
植え付け方法
直径30センチの鉢に1株。横65センチのプランターに2株。庭植えにする場合は株間を20センチから30センチ開ける。一旦庭に植えると移植はできません。鉢植えも植え替え・植え付けをする時には根を傷つけないように土を落とさないで植え替えをしてください。
●春に株分けもできる。
挿し木でも増える。2節・3節ほど切って30分から1時間、水につけて水揚げしてから、切り口に発根剤を塗って、赤玉土単用の土に挿していると発根します。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりで管理
日光に当てます。半日陰でも育ちますが、できればしっかりと日当たりで。日光が少ないと開花が鈍くなります。
夏の暑さに注意
夏越しさせるとまた花が楽しめます。暑さに弱く、蒸れると腐って枯れてしまうので、涼しいところで管理します。夏は風通しのいい半日陰で管理しましょう。夏越しさせるなら庭植えにはしない方がいいです。庭植えしちゃった場合は半日陰になるようにします(何かの木の下に植えるか、ヨシズなどで日よけをする)。
冬の寒さに注意
霜に当てない方がいいです。多少の霜では枯れないんですが生育・開花が鈍くなりますし、強い霜に当たると地上部が枯れます。なので軒下など霜に当たらないようにするか、霜よけをします。霜に当たっても完全に枯れるわけじゃないです。地上部が枯れていても、根は生きていて春になると芽が出て開花します。
しかし、土が凍ると根まで枯れてしまうので、鉢植えの場合は土が凍らない場所で管理します。庭植えにしている場合は、腐葉土でマルチングして土が凍らないようにします。
●積雪でも地上部が枯れます。でも、積雪だと地面近くは0度前後に保たれて根までは枯れないです。むしろ積雪がなくて、寒風に当たっている方が土が凍って根まで枯れる。
●0度前後なら枯れないがマイナス5度あたりで枯れる。
●理想的には5度以上。だが、室内では日光量が少なすぎる。
●関東以西では戸外で問題なく越冬。関東以西では冬より夏越しの方が問題。

その他

この項目の修正・提案をする
害虫
アブラムシハダニなど。
基本的に害虫は少ないが、アブラムシは発生するので見つけ次第、薬剤をまいて駆除する。ハダニは乾燥すると発生する。ビーダンスは乾燥気味に育てることになるので、ハダニはある程度はしょうがないと諦めるて、薬剤を散布する。
病気
ウドンコ病が発生する。
剪定
剪定・摘芯しなくてもよく開花しますが、摘芯した方が脇芽が出てよく開花します。花が一段落した時に全体を10センチほど切り戻すと良いです。
また、夏前か梅雨前に刈り込んで蒸れを予防するといいです。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
ビデンス(ウィンターコスモス)の園芸品種。ビデンスと「ビー(蜂)」+「ダンス」をかけた造語。開花が多く、株が大きく育つ。でも、一番のセールスポイントは「甘い香り」。甘い香りでミツバチや蝶が寄ってきます。それでビーダンス。赤色は香りが強い。フラワートライアル大賞2015年度「植物部門最優秀賞」、ドイツでの見本市である「IPM」の新種コンテスト「花壇・バルコニー部門」で最優秀賞の非常に優秀な新品種。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用