ウォールフラワー(エリシマム)の育て方

TOP >アブラナ科>>管理

ウォールフラワー(ニオイアラセイトウ・チュイランサス・エリシマム)

ウォールフラワー
科名アブラナ科
学名Erysimum cheiri
別名ニオイアラセイトウ・チュイランサス・エリシマム
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ウォールフラワーの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. 特徴・由来・伝承

ウォールフラワーの育て方

文章の修正育て方の概要
ストックに似ている。秋にタネをまくか春に苗を植える。夏を越すこともできるが難しく、枯れてなくなる。一年草と割り切るのがいいです。春に苗を植えて夏までに枯れると考えるなら初心者向けのガーデニング材。香りがある。
大きさ・草丈・樹高
草丈20cmから50cm、横幅25cmから45cm
まとめ
●秋まき一年草(扱い)。本来は多年草
●乾燥気味に水をやる。過湿に弱い。
●冬の寒さに強いが、霜に当てない。凍結もさせない。
●春に苗を植えて夏に枯れると割り切れば、手軽に長くたくさん咲くガーデニング材。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やりのコツ
乾燥気味を好む。
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。よほど乾燥時に水をやる程度です。
鉢植え・プランターの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
冬の水やり
冬は朝に水をやります。昼以降に水をやると水が明け方に凍って枯れてしまうかもしれません。
肥料
植え付けの時に緩効性肥料を入れて植えていれば後の肥料は不要。ただ、株の様子を見て肥料不足だなと思ったら春に二週に一回、液体肥料をやる。あくまで控えめに。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え替え・植え付け時期
9月に種まきをするか、春(3月4月)に流通する苗を植える。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。
植え付け方法
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。6号から8号の鉢で1株。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。掘り出した土に腐葉土を3割混ぜて、株を植えて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株間は20cmから25cm。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。

種まき
9月に種まきをします。早めに撒く。10月では春の開花に間に合わないかも。用土を入れた育苗箱や鉢に種まきをして土を軽く被せます。発芽までは一週間から二週間。乾燥しないように水をやってください。霧吹きでやるといいです。日陰で管理します。たくさん生えたら間引いて減らしてください。本葉が4枚以上になったら庭や鉢に植え替える。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好む。とにかく日当たりで。冬も。ただし夏越しする場合、夏だけは半日陰で管理。

関東以西で戸外で越冬。耐寒温度はマイナス5度。霜に当たっても枯れないが、傷むので当てない方がいい。霜に当たらないところで管理し、土が凍結しないようにする。凍結しない場所で管理するか、庭植えの場合はマルチングをして凍結を予防する。
●寒さに当たらないと開花しない種類と、寒さに当たらなくても開花するもの(早咲き品種)がある。前者は寒さに当てないといけないで戸外で必ず管理。後者は開花している時に霜に当たると非常に痛々しい姿になるので霜に当てない。


夏越しは必ずうまくいくというわけじゃないですが、地域によってはいけるかもしれない。暖地はまず無理。夏前に刈り込んで、傷んだ葉っぱをむしって、半日陰の涼しいところで管理してください。

その他

文章の修正病害虫
アブラムシ
剪定
摘芯することで脇芽が出て、花が増えます。摘芯は植物の先っぽを切ってしまうことです。20cmくらいになったら先を切ってしまいます。
あとは、花がしぼんだら摘む。放置していると種子を作り、種子をつくると次の花が咲きにくくなり株や弱りやすくなる。また花が腐って病気になることもある。

特徴・由来・伝承

文章の修正西アジア原産のアブラナ科。花と葉っぱの感じがストックに似ている。ウォールフラワーはこの花が土壁の上に咲いていたことから?とか。エリシマムは現在の属名。チュイランサスは昔の属名。ニオイアラセイトウは日本での名前(和名)。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

アリッサム
アブラナ科
スーパーアリッサム
アブラナ科
秋蒔きキャベツ
アブラナ科 キャベツ
ストック
アブラナ科
ハタケワサビ
アブラナ科
スーパーアリッサム・フロスティーナイト
アブラナ科 アリッサム
小松菜
アブラナ科
葉牡丹
アブラナ科
イベリス
アブラナ科
アブラナ
アブラナ科

人気記事

アキランサス
ヒユ科
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
9月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
カランコエ
ベンケイソウ科
スポンサーリンク