カリプッチの育て方

TOP > ナス科 > カリブラコア
カリプッチの基礎データ
x最終更新画像投稿
nophoto
科名
ナス科
属名
カリブラコア属
水やり
水を好む
場所
外の日なた
難易度
初心者向け
カリプッチの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
スポンサーリンク

育て方:カリプッチってこんな植物です

サカタのタネが販売するカリブラコアの品種。多色展開していて「カリプッチシリーズ」という場合も。カリブラコアだから「カリブッチ」かと思ったら「カリプッチ」なのね。コンパクトにまとまる。ホームセンターで売ってる。
育て方はカリブラコアを参考に。詳細はそちらに。
まとめ
水やりは普通。土が乾いたら水をやる。夏は朝夕二回やる。
●日当たりで管理。日光が少ないと花が咲かない。半日陰でも咲くが、やっぱり日当たり。
肥料が切れると花が止まる。肥料は追加するもの。
●霜が降りる頃には枯れる。それでおしまいの一年草だが越冬も可能。
●古い土で絶対に植えない。古い土で植えると生育不良を起こす。
●昨年ナス科植物を植えた場所には植えない。連作障害を起こします。

スポンサーリンク

水やりと肥料

土が乾いてから水をやる
春と秋は晴れたら毎日水をやる。夏は朝と夕方の二回、水をやる。水をやるときは鉢底から滲み出るくらいにシッカリとやる。乾燥時期は葉っぱに水をかけることでハダニ予防できる。
肥料
植え付けしてから枯れるまで、肥料は必須。緩効性肥料なら一ヶ月に一回。液体肥料なら一週間に一回やる。肥料が切れると開花が止まるので、肥料はやらないといけない。

植え付け・植えかえ

植え付け時期
霜に当たると枯れるので、霜が降りなくなってから植える。4月から流通するが、4月に植えるときは霜が当たらない軒下などで管理する。気温が高ければ一ヶ月ほどでこぼれるほどに伸びるので、7月に植えても間に合う。
連作障害
ナス科植物は連作障害を起こします。露骨に生育不良になるので植え付けのときは必ず新しい土で植える。庭植えする場合は、過去2年はナス科植物を植えた場所に植えないようにする。
用土
一般的な培養土でもいいし、ペチュニア専用土でもいい。自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものに緩効性肥料を混ぜたものを使う。
植え付け
普通に植え付ける。直径30センチの鉢に苗は1個。鉢底に2センチか3センチほど軽石を引いて、その上に用土を入れて、苗を置いて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって出来上がり。

管理場所・日当たり

日当たりで育てる
日光を好むし、日光に当たらないと開花が鈍い。半日陰でも開花するが、日当たりの方がよく開花する。
梅雨はできれば軒下へ
梅雨の多湿に弱く、場合によっては腐って枯れる。梅雨時期はできれば雨に当たらない場所に移動させる。さらに、梅雨前に全体を切り戻して、ムレ予防する。
冬に枯れる
霜に当たると枯れますが、越冬もします。

摘芯・切り戻し・病害虫

摘芯
つるの先を切ると脇芽が出て、先に花が咲く。ツルの先を切ることを摘芯といいます。摘芯をすることで脇芽が増えて花が増えるが、カリブラコアはあんまり意味がない。
切り戻し
株全体を半分ほどに切り戻し、傷んだ葉っぱを取り除く。梅雨前に切り戻しをして、風通しを良くして梅雨のムレ対策する。カリブラコアは生育がペチュニアに比べると生育が遅く、切り戻しをすると回復まで時間がかかる。
害虫
アブラムシ・ハダニなどが発生するが、ほぼ発生しない。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

カリプッチのカテゴリ・タグ

カリブラコア

ナス科

関連する花BBSの投稿

スポンサーリンク