ベニバナトキワマンサクの育て方

MENU
使い方 TOP

ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名マンサク科
学名Loropetalum chinense var. rubra
別名紅花常盤万作
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
トキワマンサクは本来は白い花が咲くが、ベニバナトキワマンサクは名前の通り赤い花が咲く。葉っぱが赤い銅葉種と緑葉種がある。ビッシリと開花し、赤くて派手で、樹高がトキワマンサクよりも低く、葉っぱが密に生え、丈夫で刈り込みにも強いため、人気の庭木。しかも常緑。日当たりを好むが半日陰でも育つ(ただし日光が少ないと徒長する)。花芽は7月以降にできるので来年の花を落としたくないなら6月中に剪定を済ませる。
樹高高さ2mから3m 横幅2m
まとめ
●ベニバナトキワマンサクはマンサク科の常緑高木。
●トキワマンサクよりも樹高が低く、葉っぱが密。
●トキワマンサクより寒さに弱い。
●花芽ができるのは7月以降なので6月までに剪定をする。
●日当たりを好むが多少の日陰でも枯れない。
●手間のかからない庭木として人気。
●庭植えすれば水やりはほぼ不要だが、植え付けして二週間は根が張り切っていないので水やりをし、植え付けして2年は水切れしないように様子を見て水やりをする。
●二月に肥料をやる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。ただし植え付けして二週間は庭植えでも土が乾いていたらしっかりと水をやり、植え付けして2年ほどは水切れしないように様子を見て水やりをしてください。

鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
鉢植えの冬の水やり
冬は生育が鈍くなっているので土が乾いてから数日経って水をやります。朝に水をやります。昼以降に水をやると水が明け方に凍って枯れてしまうかもしれません。
肥料
2月に寒肥として油粕と骨粉を同量づつ混ぜたものを株元にやります。もしくは化成肥料をやります。大量の花をさかせるので肥料が必要です。特に「リン」が必要。窒素成分が多い肥料をやっていると葉っぱが茂るばかりで花が咲かなくなる。
2月だけで不足ならば9月にも同様にやる。
●生垣にしている場合は、窒素が多い肥料でもいい。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
植え付け・植え替え時期
春か秋。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭植えにする場合は庭土に腐葉土を3割ほどまぜて植え付けをします。
植え付け・植え替え
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。苗木が倒れないように支柱を立てて、しばっておきます。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりを好む
日当たりを好みます。もともと暖かい地域の植物ですから夏の暑さには強いです。戸外の日当たりのいいところに植えるといいです。半日陰でも育ち、開花もします。耐陰性があるのもベニバナトキワマンサクの長所です。ただし、半日陰だと花が減りますし、あまりに日陰だと徒長し、病害虫(カイガラムシなど)が発生しやすくなるので、出来るだけ日当たりで管理した方がいいです。
●日当たりが悪いと秋に紅葉しづらくなる。


ベニバナトキワマンサクはトキワマンサクよりも寒さに弱いです。関東より西の平野であれば戸外で越冬しますが、関東の北部あたりから寒さで枯れる(北部でも場所によるけど)。東北では鉢植えにして冬は室内に取り込むようにしなくちゃいけない。

剪定

この項目の修正・提案をする
剪定
花芽が7月以降にできるので、7月以降に剪定をすると翌年の花がなくなる。ベニバナトキワマンサクは生垣に植えることが多く、生垣に植えたのであれば花芽は気にしないで、いつでも剪定すればいい(開花すると落花した残骸を掃除するのが大変なので咲かせないように意図的に剪定してもいい)。
花を期待するのであれば剪定は6月までに行う(開花は4月から5月)。花が終わってから樹形を整える程度に剪定する。ベニバナトキワマンサクは放置しておいても自然と樹形が整うので、余計は剪定はしないでもいい。徒長した枝や、枯れた枝を取り除いて、中まで風が通るようにしてやるとよいです。
●花は短い枝先につく。長い枝…徒長枝は切ってしまってもいい。開花しないので。
●剪定するときは、枝分かれしているところから切る。

病害虫

この項目の修正・提案をする
ウドンコ病
カビ。そこいらへんに常在している菌なので発生を完全の予防することはできない。株が健康だと発生しないか、発生しても回復する。風通しを良くすることで予防できるので、剪定して風通しを良くする。病変部分が多い場合は薬剤を散布する。
カイガラムシ
木にくっついて汁を吸う虫。ベニバナトキワマンサクを日陰で管理していると発生しやすいが、そうじゃなくても発生する。成虫は薬剤が効かない(幼虫は効く)ので薬剤は何度も散布しないといけない。少量ならば、歯ブラシなどで削ぎ落とせばいい(落下するとそのまま死ぬ)。
サビ病
サビのように見えるカビ。病変部分を切除して焼却する。病気部分が広い場合は薬剤を散布する。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

マンサク科の仲間


マンサク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用