フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジの育て方

TOP > キク科 > フレンチマリーゴールド > 更新日

フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジ

フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジ
科名キク科
属名タゲテス属
学名Tagetes patula Bonanza
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジの育て方

フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジの育て方

フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジの育て方
文章の修正育て方の概要
フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジはキク科のフレンチマリーゴールド園芸品種。ボナンザシリーズのオレンジ種。このボナンザシリーズからサファリシリーズが生まれた。ちなみにボナンザシリーズにはイエロー、オレンジ、ディープオレンジ、ハーモニー、ビー、フレームなどがある。
育て方はフレンチマリーゴールドと同じ。マリーゴールドのページを参考にしてもらってもいい。このページでは簡単な記述に留める。
草丈20CM
まとめ
●フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジはキク科の春蒔き一年草
●土が乾いたら水をやる。
●春から秋の開花時期は肥料を。
●夏に暑さで開花が鈍くなる。
●日当たりで育てる。
初心者向きのガーデニング材。

参考リンク育て方の詳細は以下のリンクを参考に。
フレンチマリーゴールド
マリーゴールド
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジの水やり

文章の修正
庭植えの水やり
土が乾いていたら水をやります。春と秋は自然に降る雨だけでも大丈夫ですが、夏は乾燥しきらないように様子を見て庭植えでも水やりをするようにしてください。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。

フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジの肥料

文章の修正生育時期である5月から10月前後までは二週間に一回液体肥料をやる。もしくは一ヶ月に一回緩効性化成肥料をやる。

植え付け

文章の修正植え付けの詳細はフレンチマリーゴールドマリーゴールドの植え付けの項目を参考にしてください。

管理場所・日当たり

文章の修正春から秋の管理
日当たりを好み、日当たりが悪いと生育が悪くなるし、花も減る。半日陰くらいなら枯れないが、花が少ないのでやっぱり日当たりで。

冬には枯れる。

病害虫

文章の修正カイガラムシハダニアブラムシウドンコ病など。
乾燥するとウドンコ病が発生するが、他の害虫はあまり見られない。

剪定・切り戻し

文章の修正
花ガラ摘み
花がしぼんだら摘む。摘むと長期間、よく開花する。

剪定切り戻し
夏に蒸れて枯れこみやすいので、梅雨前か夏前に全体を半分ほど刈り込んで、黄色く傷んだ葉っぱをむしってやると、夏も元気に過ごせる。

関係記事・人気記事

フレンチマリーゴールド

フレンチマリーゴールドフレンチマリーゴールド
キク科
(タゲテス属)

ダールベルグデージー

ダールベルグデージーダールベルグデージー
キク科
(ティモフィラ属)

ウィンターコスモス

ウィンターコスモスウィンターコスモス
キク科

ユリオプスデージー

ユリオプスデージーユリオプスデージー
キク科
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用