フレンチマリーゴールドの育て方

TOP > キク科 > ……

フレンチマリーゴールド(紅黄草・孔雀草・万寿菊)

フレンチマリーゴールド
科名キク科
属名タゲテス属
学名Tagetes patula
別名紅黄草・孔雀草・万寿菊
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
育て方の概要
フレンチマリーゴールドはキク科の春蒔き一年草。初夏から秋まで長期間開花し、育てるのは簡単な初心者向きのガーデニング材。春に苗が出回るのでそれを植えるのが一般的だが、種まきでも難しくない。メキシコ原産だが最初にパリで栽培されたことから「フレンチ」と名前がついている。
花はアフリカンマリーゴールドよりも小さいが、花ツキはよく、またフレンチマリーゴールドとアフリカンマリーゴールドの交配種も出回っていて境目は曖昧(見分けがつかないし、ガーデナーはそこには興味がない)。
育て方はマリーゴールドと同じ。花が大量に開花し、落花し、それが非常にみっともなく、また病気の元になるので花ガラ摘みをするべき。
草丈20CM
まとめ
●フレンチマリーゴールドはキク科の春蒔き一年草。
●土が乾いたら水をやる。
●春から秋の開花時期は肥料を。
●夏に暑さで開花が鈍くなる。
●日当たりで育てる。
●初心者向きのガーデニング材。

参考リンク
マリーゴールド
フレンチマリーゴールド・ボナンザオレンジ
スポンサードリンク

水やり

文章の修正を申請する
庭植えの水やり
土が乾いていたら水をやります。春と秋は自然に降る雨だけでも大丈夫ですが、夏は乾燥しきらないように様子を見て庭植えでも水やりをするようにしてください。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。受け皿の水は捨ててください。
●夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
●冬までには枯れる一年草なので冬は水やりをしません。

肥料

文章の修正を申請する
生育時期である5月から10月前後までは二週間に一回液体肥料をやる。もしくは一ヶ月に一回緩効性化成肥料をやる。肥料が切れると花が咲かなくなるので肥料は追加するのが一般的。窒素ばかりの肥料をやると葉っぱが伸びるばかりで花が少なくなる。

植え付け

文章の修正を申請する
植え付け時期
寒さに弱いので霜が降りなくなってから植える。4月から5月6月に植える。関東では5月の第一週に霜が降りることが「たまーに」あるので5月に入ってから植える方が良い。

用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。

鉢植えの植え替え
株同士は15CMから20cmほど開ける。7号鉢はら苗1個。プランターなら3個。ポットの土は落とさず、根を傷つけないようにして植え付けをします。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて隙間に土を入れていく。鉢を揺らすとまた隙間ができるので、また用土を入れて隙間をうめていき、隙間ができなくなるまで繰り返す。最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

庭植えの植え付け
庭植えの場合は、深さ30cmの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。
●苗の根はいじらず、土は落とさないで植え付ける。

株の増やし方

文章の修正を申請する
種まき
3月から5月に種まきをします。発芽温度は20度。用土を入れた育苗箱や鉢に種まきをします。種は15cmおきに数粒を撒いていきます。土を5mmほど薄く、被せます。土を手のひらで軽く抑えます。抑えると発芽しやすくなります。発芽までは1週間ほど。乾燥しないように種が流れでないように水をやってください。霧吹きでやるといいです。日陰で管理します。数粒づつ蒔いているので、数本出てきます。元気がいいのだけを残してあとは間引いてやります。本葉が4枚以上になったら庭や鉢に植え替える。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
春から秋の管理
日当たりを好み、日当たりが悪いと生育が悪くなるし、花も減る。半日陰くらいなら枯れないが、花が少ないのでやっぱり日当たりで。

冬には枯れる。

病害虫

文章の修正を申請する
カイガラムシハダニアブラムシウドンコ病など。
乾燥するとウドンコ病が発生するが、他の害虫はあまり見られない。

剪定・切り戻し

文章の修正を申請する
花ガラ摘み
花がしぼんだら摘む。放置していると種子を作り、種子をつくると次の花が咲きにくくなり株や弱りやすくなる。また花が腐って病気になることもある。なので花がしぼんだら速攻で摘む。摘むと長期間、よく開花する。

剪定切り戻し
夏に蒸れて枯れこみやすいので、梅雨前か夏前に全体を半分ほど刈り込んで、黄色く傷んだ葉っぱをむしってやると、夏も元気に過ごせる。やらないと枯れる!ってことではないけど、やった方がいい。
管理用リンク
管理用