プレクトランサスの育て方(植え替え・用土・肥料・水やりのコツなど)

TOP >シソ科>>管理

プレクトランサス(プレクトランツス)

プレクトランサス
科名シソ科
属名プレクトランサス属
学名Plectranthus
別名プレクトランツス
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. プレクトランサスの育て方
  2. プレクトランサスの水やり
  3. プレクトランサスの肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 株の増やし方(挿し木)
  6. 管理場所・日当たり
  7. 短日植物です
  8. 病害虫
  9. 特徴・由来・伝承
  10. SNSボタン・関連記事

プレクトランサスの育て方

プレクトランサスの育て方
文章の修正プレクトランサスはシソ科の多年草観葉植物としてのプレクトランサスもありますし、花観賞用のものもある。開花は春から秋までだが、開花が多いのは秋。これは短日植物で日が短くなることで開花が増える性質のため。
やわらかい日差しを好みますので、真夏は半日陰へと移動させてください。強い日を当てていると、葉っぱが焼けてしまいます。プレクトランサスの理想環境はカーテン越しの柔らかな日差しの当たる窓辺です。
冬は寒さに弱いので、室内に取り込む必要があります(10度以上が望ましいですが、3度でも耐えられます。名古屋では軒下で越冬可能という情報も。霜よけは必要です)。
草丈30cmから80cm
まとめ
●春から夏も多少は花が咲くが、本格的に咲くのは10月以降。
●5度以下になると傷み、霜に当たると枯れる。
●冬は室内へ。
●夏は直射日光に当てないように。
●短日植物で、蛍光灯の光でも昼と感知するので、春から秋は戸外で管理するのが吉。

品種
プレクトランサス・モナラベンダー
プレクトランサス・ピンククリッカー
プレクトランサス・ケープエンジェル
プレクトランサス・アウストラリス
プレクトランサス・アンボイニクス(=アロマティカス=キュバンオレガノ
スポンサーリンク

プレクトランサスの水やり

プレクトランサスの水やり
文章の修正土の表面が乾いたら、水をたっぷりとやってください。
春と秋は朝に1回、夏以降は朝夕の最低2回、水をやってください。あまりに暑いときは昼を避けて三回水をやる必要があるときもあります。適宜水をやってください。冬は気温が下がって活動が鈍くなっています。水やりは控えめにしてください。土が乾いてから数日経ってから水をやる程度にします。
●夏以外の季節に水をやり過ぎると、根が腐って枯れてしまいます。土が湿っている間は水をやらないようにしてください。
●水は土が乾いてからやるようにしてください。
●水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやってください。
●冬でも15度以上で日光に当たっていれば生育しますので、水やりは控えずにやってください。

プレクトランサスの肥料

文章の修正生育期間に液体肥料か固形肥料をやってください。液体肥料ならば10日に1回。固形肥料の場合は一ヶ月に1回程度です。肥料を多く与えると、茎が長く伸びすぎてしまいますので、その場合は肥料を控えてください。

植え付け・植えかえ

文章の修正
植え替え時期
5月か6月あたりの気温がある程度高い時期に植え替えをします。鉢の底から根がはみ出してたら植え替えをします。鉢の植え替えは2年に一回。

用土土は市販されている花と野菜の土か、自作する場合は赤玉土腐葉土4か、赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。

鉢の植え替え
まず植え替える株全体を半分ほど切り戻します。鉢から取り出して、鉢底の根を少しほぐして、一回り大きな鉢の底の穴を網で塞いで、軽石を2センチほど入れて、少し用土を入れる。用土の上に株を入れて、隙間に用土を入れます。最後に水をやって完成です。
●植え替えの時に切り戻すのは地上部の枝を減らして根の負担を減らすため。
●もしくは古い土を三分の一ほど落としてから同じ大きさの鉢に植え替えます。

株の増やし方(挿し木)

文章の修正挿し木
5月から10月のある程度、気温がある時期に新芽を8センチから10センチほど切って、赤玉土単用の苗床に挿していると二週間ほどで発根します。発根するまでは乾燥しないように水をやってください。発根したら普通の用土に植えれば株が増えます。
●発根剤を塗るとよく発根するが、そもそも発根しやすい植物。
●水に挿していても発根する。
●水挿し・挿し木で株を増やして、冬を越して春になったら庭に植えるという冬越しの方法もあります。

管理場所・日当たり

文章の修正
強い日差しは避ける
冬は基本的には室内。春から秋にかけては半日陰(=木陰)が好ましいです。
直射日光に弱く日当たりにおいていると葉っぱが焼けてしまいます。葉焼けは元に戻りません。慣らすと直射日光でも枯れないのですが、葉っぱが傷だらけで綺麗じゃないので、半日陰が基本です。
年間を通して、室内の窓のそばでレースのカーテン越しの日光を浴びるというのが理想的。
●半日陰を好みますが、あまりに日光不足だと徒長します。

耐寒温度は5度を目安に
耐寒温度は10度以上とされていますが3度前後まで耐えられるという情報もあり、暖地では戸外で越冬可能とも。名古屋で戸外の軒下で越冬したという情報もあります。ただし霜には弱いです。霜にあたると一発で枯れます。
冬は室内で管理すれば落葉もせず越冬も可能
寒さに弱いといっても室内で管理すれば問題のない程度。無理に戸外で管理することはないです。

短日植物です

文章の修正日が短くならないと花が咲かない
短日植物で、日が短くならないと花芽が少ない。多少はつくのですが、本格的な開花は日が短くなる10月から11月。それ以前でも花は咲きますがとにかく少ないです。

店頭に並ぶプレクトランサスの鉢や苗は、おそらく短日処理をしているから、花が満開なだけで、育てていると徐々に花が少なくなってきます。それでもちゃんと管理していると、また秋に「短日」を感じて花が咲きますので、諦めないで管理してください。
●プレクトランサスは室内の蛍光灯でも長く当たっていると「昼間」だと考えて、秋になっても花芽がつかないことがあります。戸外の家の室内灯が当たらないところで管理しましょう。

短日処理
ポインセチアは短日処理をして赤くしています。プレクトランサスも同様にして開花させることもできますが、そんな面倒なことは普通しません。
斑入りの葉っぱについて
プレクトランサスには斑入り品種があるんですが、育てていると斑のない普通の葉っぱが生えてきます。普通の葉っぱの方が勢力が強くて、放置していると株全体が「斑のない普通の葉っぱ」だけになってしまいます。斑のない葉っぱが出てきたら速攻で摘んでしまいます。

病害虫

文章の修正カイガラムシハダニ
カイガラムシ・ハダニが発生します。カイガラムシは歯ブラシなどでこそぎ落とし、その上で薬剤を撒きます。ハダニも薬剤を散布します。
アブラムシ
アブラムシはどこからともなくやってきます。近くにアブラムシがいる植物がいると移ってくるので、庭全体でアブラムシを見つけ次第薬殺します。雑草が生えていると同様なので、雑草を刈ると多少は予防になります。
ヨトウムシ
ヨトウムシは夜中に活動する芋虫で、植物の根を食べます。夜中に見ると出会います。

特徴・由来・伝承

文章の修正プレクトランサスは寒さに弱いので、秋以降は室内へと移動させないといけませんが、室内で管理すれば葉を落とすことも無く越冬も可能ですので、さほど難しいという訳でもないようです。

プレトランサスという名前はギリシャ語のプレクトロン(雄鳥のつめ)と花(アンサス)からなっています。花の形が由来です。

一般的なプレクトランサスは花がムラサキで、葉っぱや茎も濃い紫で、目立ちます。葉はつやがあって
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

同じ科の植物

スペアミント
シソ科ハッカ属
メドーセージ
シソ科サルビア属
オレンジミント
シソ科ミント属
フォックスリータイム
シソ科イブキジャコウソウ属
サルビア・ブルークィーン
シソ科サルビア属

12月に開花する植物

ピーチネックレス
キク科セネキオ属
プリムラジュリアン
サクラソウ科プリムラ属
花ざかりビオラ
スミレ科スミレ属
ニューカランコエ
ベンケイソウ科カランコエ属
ツワブキ
キク科ツワブキ属

12月に植え付け・植え替えする植物

トウテイラン
ゴマノハグサ科ルリトラノオ属
ニオイヒバ・ダニカ
ヒノキ科クロベ属
ムンステッドウッド
バラ科バラ属
アメリカテマリシモツケ
バラ科テマリシモツケ属
サンシュユ
ミズキ科ミズキ属

人気記事

アキランサス
ヒユ科
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
リュウノヒゲ
キジカクシ科
ポインセチアを赤くする!短日処理のやり方
ポインセチアの管理
11月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
ビオラ・パンジーの管理
スポンサーリンク