クランベリーの育て方

MENU
TOP>ツツジ科>クランベリー
スポンサードリンク

クランベリー(オオミノツルコケモモ)

クランベリー
科名ツツジ科
属名スノキ属
学名Vaccinium macrocarpon
別名オオミノツルコケモモ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

かわいいけども初心者は厳しい
酸性土壌を好み、夏の暑さに非常に弱いくせに水切れしやすい、となかなか厳しい条件がそろった植物です。冬から春まで楽しむだけなら十分愛らしいですが、毎年となるとなかなか骨の折れるヤツです。

水やりと肥料

クランベリーは本来、湿地・沼地に生育する植物なので、乾燥に弱く、水切れに弱いので、常時、土が濡れているように水をあげてください。
クランベリーは根が浅く、真夏は単に水をやるだけでは足りないことがあります。そういうときはバケツに水を貼り、鉢ごと水にひたして潅水させます。

植え付け・植えかえ・種蒔き


酸性土壌でないと徐々に枯れます
ツツジ科の植物で酸性土壌を好みますので、ブルーベリー用の土にピートモスを混ぜたものに植え付けます。
時間と共に徐々に土のPh(ペーハー)が酸性から弱酸性になってしまいます。すると枯れます。そこで定期にに酸性の土で植え替えをする必要があります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

暑さに弱い
寒さに強いですが暑さに弱く、夏は暑さ対策してあげないと夏越しできません。暑さ対策ってのは、日陰か半日陰に移動したり、風通しの良い場所に移動するなどのこと。
寒さに当てないと花芽が付かない
一方、寒さにはそれなりに抵抗がありますが霜に当たると傷んでしまいますので、霜に当たらない軒下で管理します。ただし耐寒性で図鑑によってはマイナス30度まで耐えると書いてありますし、カナダなどの非常に寒い地域の植物ですから、相当寒さには強いはずです。

寒さにあてないと花芽がつかないので、しっかりと寒さにあててあげます。寒さに当てないと翌年花が咲きずらく、実もできません。昆虫によって受粉する必要がないので、室内で育てていても実がつきます。

特徴・由来・伝承

実が可愛く、花より実を観賞します。成長しても背が低く、鉢植えに植えた場合はツルが鉢植えのフチから溢れて垂れるような感じで観賞します。
果実は酸味が強いので生で食べるのは無理なのでジャムにして食べます。実際十分食べる分だけ収穫するのは大変です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ツツジ科の仲間


ツツジ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用