シラーの育て方

MENU
TOP>ユリ科>シラー
スポンサードリンク

シラー(ツルボ・スキラ・スキルラ)

シラー
科名ユリ科
学名Scilla
別名ツルボ・スキラ・スキルラ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

種類によって花の形や花の時期、大きさや色合いも違いますが、全体的に頑健で育てやすいことに変わりはありません。

秋に球根を植え付けて、春~初夏まで花が咲き、夏前に葉っぱが変色して枯れ始めて休眠期に入ります。掘り起こす必要はありませんので、そのまま同じ場所で翌年も花が咲きます。

花は摘む
花が咲いてしぼんだら摘みます。茎の根元からバッサリと落とします。花を放置していると種子をつくり、そのエネルギーのせいで株が弱ります。種子が欲しい場合はそのまま残して置きましょう。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をたっぷりとやります。シラーは乾燥気味の土を好みますので、土の状態を見てから水をやってください。
花が咲き終わり、葉っぱが変色しはじめたら、水を控えます。地上部がなくなったら、水はやりません。

秋以降の水やりに注意
夏の休眠期には水を立ちますが、秋の植え付け時期以降には水は必要です。庭植えの場合は、放置でいいですが、鉢植えは水をやらないとカリカリになって枯れてしまいます。秋以降はカリカリにならない程度に水をやってください。

肥料
春から初夏にかけて肥料をやります。一週間に一回液肥をやるか、一ヶ月に一回緩効性肥料をやります。夏は休眠しますので、肥料は絶対にやらないでください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土を好みます。赤玉土6に腐葉土4かそれに順ずる割合が好ましいです。シラーはアルカリ性の土を好みますので、庭植えする場合は苦土石灰を混ぜて中和させておくと良いです(酸性土でも枯れるわけではないです)。日本の土は全国的に弱酸性です。
●鉢植えにするときは球根を出来るだけ浅く植えます。できるだけ根を張るスペースを確保するためです。
●地植えの場合は球根の頭が地面下4cm程度のところに植えます。
●株が大きな品種(ベルビアナなど)は球根同士を20cm空けます。小さい小型種(シベリカなど)は10cm空けます。中間(カンパヌラタなど)は15cmです。

堀上は不要
夏に地上部が枯れますが、掘り上げておく必要はありません。球根の周囲に皮が無いベルビアナ(品種名)やカンパヌラタ(品種名)はむしろ乾燥に弱いので、彫り上げると干からびて枯れてしまいます。他の品種は掘り上げてもかまいませんが、無理に彫り上げる必要はないです。

種子から?
花の後に種子がとれますので、これをまくと3年か4年で開花します。ただし親の性質を遺伝するとは限りませんので、球根を買ったほうが無難です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

なるたけ日当たり。半日陰でも可。
ただし品種にもよる

葉っぱが青い期間は日光にしっかりとあててたりましょう。シラーでもっとも一般的なベルビアナとシベリカは耐陰性があって、半日陰でも生育可能です。
花が終わり、夏になると葉っぱが枯れて休眠期に入ります。この時期は日光を当てても仕方ありませんので、鉢植えの場合は日陰へと移動させてもかまいません。

特徴・由来・伝承

アガパンサスにも似ている青紫の球根植物。地中海原産。花が終わった後に掘り起こして管理しておくことも出来ますが、シラーに関してはその必要もなく、地中に植えたままで翌年まで放置していても、球根が腐ることなく翌年も咲きます。

耐寒性があって管理が楽。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用