アーティチョークの育て方

MENU
TOP>キク科>アーティチョーク
スポンサードリンク

アーティチョーク(朝鮮薊(チョウセンアザミ)・アーティーチョーク)

アーティチョーク
科名キク科
属名チョウセンアザミ属
学名Cynara scolymus
別名朝鮮薊(チョウセンアザミ)・アーティーチョーク
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


植え替えを嫌うので一度植えるとそこから動かせません。植え替えても根付きにくいのです。そこで、最初に植える場所をよく考えてください。花が大きく、一株が大きいので増えると庭の一角を占拠します。
一般的に家で育てる植物じゃない
花が終わった後、茎を切り倒すのに、大きな剪定ばさみか、のこぎりが必要なほどです。あまり一般的に育てるものではありません。切花・野菜農家さんが作る植物です。
まとめ
●乾燥しすぎず、過湿にもしない。乾燥すると枯れる(特に開花しているとき)。過湿にすると根腐れする。
●収穫は蕾の時。
●夏の蒸れが苦手で、夏越ししないかも。
●冬は寒さに強いが、霜や土の凍結に当たると根が傷んで枯れるので、腐葉土・ワラなどでマルチングして防寒する。
●育てるのはオススメしない。
スポンサードリンク

水やりと肥料


乾燥も苦手ですが、過湿はもっと苦手
春から夏の生育期には乾燥を嫌うものの、ハーブなので過湿も嫌います。土が乾いたら水をタップリやって下さい。特に湿度の高い夏は、土が濡れているうちは水はやらないでください。
秋以降は葉っぱが枯れて休眠します。枯れた葉っぱは根本から切り取ってください。放置しておくと病気の原因になります。
●乾燥すると枯れます。でもずっと土が濡れていると根腐れを起こします。大事なのはメリハリです。水をやったら、土が乾くまでは水をやらない。ここで言う「乾燥」というのは、土が乾くことではなく、土が乾いた状態が長く続き、植物の水が切れることです。
●冬は活動していませんから、水はさほど必要ではないのですが、完全に水を切ると枯れます。冬は土が乾いてから数日経って水をやるようにします。庭植えの場合は雨が当たる場所であれば、水やりは不要です。

肥料
鉢植えの場合は生育期(4月から9月)に液体肥料を二週間に一回ほど与えてください。肥料が不足してくると株が小さくなってきます。様子を見て物足りないと思うならば追肥してください。
庭植えの場合は4月あたりと9月あたりに株元に肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは出来ません
植え替えを嫌うので一度植えるとそこから動かせません。一旦庭に受けると仮に植え替えても根付きにくいです。なので最初に植えるときにデザインやほかの植物の都合を考えて植える場所を決めてください。
●トゲがあるので植える場所をよく考えてください。葉っぱや茎にトゲがあるので、植える場所を考えましょう。人が通らない場所にしましょう。

用土
鉢植えの場合の土は赤玉土6:腐葉土3:川砂1という配合が向いています。もしくは一般的な培養土に川砂を一割ほど混ぜます。庭土の場合は、根鉢の倍の深さの穴を掘って掘り返した土に腐葉土を混ぜて、土を作ります。そこに完熟堆肥と油粕を元肥として混ぜます。
庭植えの方法
植えるときは苗の土を崩さないで植えてください。土を崩すと根を傷めて生育不良を起こします。掘り出した土の半分を戻して、株を置いて隙間に土を詰めていきます。根を傷つけなようにしてください。
●春に植え付けて収穫は夏を越し、冬を越し、翌年の春にツボミを食べるのですが、夏を越すのが厳しい。

鉢植えの方法
鉢底に土が流れ出ないようにする網を敷いて、水はけを良くする軽石を2センチほど入れて、その上に土を入れて、株を入れて、隙間に土を入れていきます。株の土は落とさず、ほぐさないで植えてください。
●鉢植えにしていて、根詰まりになったら、植え替えをします。鉢の植え替えは秋。地上部が枯れ込んで来たら。植え替えるときはひとまわり大きな鉢を用意して、前の鉢から株を抜いたら、とにかく土を落とさず、ほぐさないで植え付けをしてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好む
一年中日光が当たる場所がいいです。
寒さには強いが凍結はダメ
冬の寒さには比較的強く暖地では戸外で越冬も可能です。氷点下一度くらいならば寒さに耐えますが、霜柱が立ったり地面が凍るほどに寒くなると根が傷んでかれることもあります。そこで根元へ腐葉土やワラをしいてマルチングをして寒さ対策をしておきましょう。

その他


病害虫
アブラムシがツボミの下の茎や葉っぱの裏につきます。もしも食用に育てているのであれば、食べる前にしっかりと洗ってください。
栽培は気温さえあえば簡単という話です。種から育てて収穫できるまでには二年かかります。

花が終わったら
花が終わったら、枯れ込んで来ます。茎についた子株を残して枯れた部分を切り戻してください。冬になると地上部が枯れ混みますので、それを根元から少し節を残して近くまでバッサリいってもいいです。バッサリいったほうが来年、茎がたくさん出て収穫が増えます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


切花としても出回る植物で、元は野生のアザミでしたが古代ローマ時代以降に品種改良が進んだ結果、アーティーチョークとなりました。イタリアではツボミのガクを茹でて食べます。独特の苦味があり、イタリアでは野菜として分類されます。日本には江戸時代に渡来。朝鮮薊(チョウセンアザミ)という名前がつけられています。朝鮮というのは漠然とした「外国」という意味。

食べるにはツボミをゆでるか蒸して苞片についた肉質部分を葉でしごいて食べる。味も食感も芋に似ています。ただし日本ではあまり食さない。切花で春に出回りますが、花が咲いているものは食べられません。
葉っぱも銀色で鑑賞できますが、トゲがすごいので気をつけてください。

●江戸時代にオランダから日本に渡来した。
●ベトナムでは乾燥させてお茶にして飲む。
●おならの回数と匂いを減らす効果がある?といわれている。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用