レモンバーベナの育て方

TOP > クマツヅラ科最終更新画像投稿

レモンバーベナの基礎データ

レモンバーベナ
科名
クマツヅラ科
属名
イワダレソウ属
学名
Aloysia citrodora
別名
香水木・防臭木・ベルベーヌ
水やり
水控え目
場所
外の日なた
難易度
中級者向け
レモンバーベナの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。

レモンバーベナの特徴は?

レモンバーベナはクマツヅラ科の南米産(アルゼンチン・チリ・ペルー)の落葉低木ハーブです。フランスではベルベーヌと呼ばれ、ハーブティーに人気ですが、常用するほどには葉っぱが生えないので、定期的に摘芯して脇芽を出し葉っぱを出来るだけ増やしましょう。軽く触れるだけで、揺れるだけで多少レモンの香りがします。

自生地では三メートルに育ちます。植えつけて冬を越し、二年目からは茎が木質化しガッチリしますが、寒さに弱いとされています。ですが関西以西では、落葉はしますが戸外で越冬できる地域があります。

一年目は一切剪定をしませんが、冬を越して、春以降、特に夏の成長が激しく、こまめに剪定しないと場所を取り、邪魔になります。収穫を兼ねて春から秋に掛けては剪定を行ってください。
樹高1m〜3m
レモンバーベナ苗の商品画像
レモンバーベナ苗の購入はこちら
Amazon
楽天市場

庭植え(地植え)の水やり

庭植えにした場合は、ほぼ自然に降る雨だけで十分です。あまりに乾燥する時期や、雨が降らない時期は様子を見て水やりをしてください。

鉢植えの水やり

レモンバーベナは比較的、乾燥を好みます。水をやりすぎると枯れてしまいますので、水は控えます。鉢植えの場合は、土が乾いていたら、鉢底から水が出るくらいにしっかりと水をやります。土が濡れているのであれば水はやらないようにしてください。受け皿に溜まった水は捨ててください。たまったままだと根腐れすることがあります。

水が切れると葉っぱの先から茶色くなってきますので、その場合は水やりの頻度を上げましょう。

夏の水やり

夏は高温で蒸発が早く、水切れしやすいので毎日、朝と夕方の2回、水やりをします。昼に水をやると水が沸騰して根を痛めるので避けましょう。1日2回水やりをしても水切れするようなら、明るい日陰に移動させて蒸発を防ぎましょう。

冬の水やり

冬季には成長が停滞しますし、寒さで水分の蒸発も遅くなります。そのため、水やりは控えめに行います。土が乾いてから数日が経過した後に水を与えるようにします。どれくらい水を与えるべきかわからない場合は、土壌水分計(水やりチェッカー)を使用して土壌の湿度を測定し、水やりの判断を行うといいです。
土壌水分計の商品画像
土壌水分計の購入はこちら
Amazon
楽天市場

肥料

肥料があると、よく茂りますので、鉢植えの場合は肥料が切れないように新芽が出る5月以降の生育期間中は1ヶ月に一回、固形肥料を根本に施します。
化成肥料の商品画像
化成肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

時期

植え付け・植え替え共に春に行います。春の霜が降りなくなる頃…5月以降に植え付け・植え替えをするといいです。

用土

水はけのよい土を好みます。酸性の土を嫌い、どちらかというと中性・アルカリ性の土を好みます。最初から中和されているので、市販されているハーブの土で植え付けします。

庭植えする場合は、庭土に苦土石灰を混ぜ込んで、土を中和させてから、腐葉土堆肥を入れて用土とします。水はけのよい土を好みますので、庭の土が粘土質であまりに水はけが悪い場合は、川砂やパーライトを追加してください。

鉢植えの手順は?

鉢底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで鉢底石(軽石)を2cmほど入れて、用土を入れ、株を入れて隙間に用土を入れていきます。最後に水をしっかりとやって完成です。

越冬して春に植え替えをするときは古い土を3分の1ほど落として、同じ大きさの鉢かひと回り大きな鉢に植え替えます。

庭植え(地植え)の手順は?

暖地であれば戸外で越冬できるので、暖地なら庭植えもありです。その他の地域は鉢植えにして冬は室内に取り込みましょう。

庭土を深さ30cmほど掘り返し、苦土石灰を1平方mあたり100gほどまいて中和させます。中和には1週間〜10日かかるので、中和反応があらかた終わったら、その土に腐葉土か堆肥を元の土に対して2割ほど追加して、化成肥料を少量だけ入れて、よく混ぜて用土とします。

また庭土が粘土質で水はけが悪いのであれば川砂・軽石・パーライトなどを混ぜて水はけをよくしておきます。

穴に半分用土を戻して、隙間に用土を入れて、最後にしっかりと水をやってください。 これで完成です。

挿木

夏(6月〜7月)なら挿木がうまくいきます。剪定などで出た枝を水に挿していると発根します。発根したものを土に植えると、そのまま根付きます。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。半日陰でもいいです。もちろん半日陰だと生育が鈍いので、できるだけ日当たりにしましょう。

夏の暑さには強いです。暑さには強いのですが、鉢植えだと暑さで水切れを起こしますので、毎日水やりをしても、水切れするようなら涼しい半日陰へと移動させてください。

越冬

耐寒温度は5度で、それ以下にならなければ戸外での越冬は可能。中間地・寒冷地では鉢植えにして冬は室内の日当たりで管理します。寒さに当たると落葉するが、枯れているわけではないので諦めずに管理しましょう。春になって霜が降りなくなってから…4月下旬から5月に戸外に出します。

芽吹くのは5月以降で、ちょっと遅くてヤキモキします。
霜に当たらなければ、0度前後でも枯れないので、関東ならベランダで越冬できる。

摘芯

摘芯とは枝先を切ることで、その下の節から脇芽を出させること。枝が増えて葉っぱが増え、収穫が増えますし、株も大きくなります。レモンバーベナは一株あたりの収穫量がレモングラスレモンバームに比べると少ないので、摘芯して少しでも増やしましょう。

摘芯は5月から随時行い、摘芯した枝葉はハーブとして収穫しましょう。

収穫

レモンバーベナのハーブティには精神の沈静化、頭痛、偏頭痛に効果があるとされます。レモン系ハーブティの中では飲みやすく人気があるが、葉っぱが少なくて、使いづらい。お茶というよりはレモン風味のお茶になる。大量にレモン風味のお茶を消費したいなら、レモングラスの方がおすすめかな。

ハーブティーは一種だけで飲むものではなく、いくつかのハーブを組み合わせてオリジナルのハーブティーを作るものです。そこで他のハーブも育ててみてはいかがでしょうか?

育てやすいハーブは以下のページにまとめているので参考にしてください。

病害虫

アブラムシハダニが発生します。

口にするハーブなので、薬剤を使わず、手で取ります。葉っぱに水をかけることで予防できるので、葉っぱに水をかけ、葉裏にも水をかけてください。もしくは水を噴射して、虫を吹き飛ばします。

特徴・由来・伝承

南米原産の香木。葉っぱに強いレモンの香りがあって、魚料理やマリネ、プリンなどなど、いろんな料理に使われます。ディナーで汚れた手を洗う「フィンガーボール」にレモンの香りがついていますが、この香りはレモンバーベナのものです。

南米原産で1784年にヨーロッパにもたらされた新しい植物のため、「ハーブティーの女王」などといわれている割に、ハーブにありがちな伝説・伝承が無いです。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

レモンバーベナのカテゴリ・タグ

庭植え鉢植え寒さに弱い落葉低木家庭菜園ハーブティー

クマツヅラ科

関連する花BBSの投稿

スポンサーリンク