トックリヤシの育て方

MENU
TOP>ヤシ科>トックリヤシ
スポンサードリンク

トックリヤシ

nophoto
科名ヤシ科
属名トックリヤシ属
学名Mascarena lagenicaulis
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

トックリヤシは植物としては成長の遅い植物で、そこが長所です。成長するほうが、育てていて楽しいのですが、室内のグリーンとしては、成長著しいのは困る場合があります。トックリヤシは耐陰性があり、初心者でも育てやすいです。ただし、冬の寒さに弱く、10度以下になると枯れてしまいますので、冬も人が生活する場所で管理してください。

トックリヤシは芽が出てくる場所が決まっていて、他の植物のように「摘心したら脇芽が出て・・・」ということはありません。芽が出てくるところを切り落とすと、もう芽が出ません。大きくなりすぎても、切り戻して小さくする・・・ということはできません。古い葉っぱも枯れてから、むしってください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。トックリヤシは根元のふくらみに栄養を溜めておくので、水は控えておくのがコツです。土がカラカラに乾いてから水をやっても、枯れたりはしません。

トックリヤシを枯らす原因は、水切れより「水のやりすぎ」です。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。特に冬は成長が止まり、水の吸い上げる力が落ちています。水は控えて下さい。

受け皿をしている場合は、水が溜まっていたらマメに捨てて下さい。水が腐って寝腐れにつながります。

肥料は生育期間に液肥をあげてください。大きくしたくない場合は、肥料は控えましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢底から根が出てきたら、根が鉢の中でいっぱいになっていると考えて下さい。根が詰まると水をやってもやっても水切れになったり、葉っぱが落ちてきます。植え替えを検討します。大体三年に一回です。

用土観葉植物の土を利用します。市販されている花と野菜の土には腐葉土が入っていて、これが室内で管理する場合は匂いますので、観葉植物の土を使ったほうがよいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

本来は日当たりを好みますが、夏の直射日光に当たると葉っぱが焼けて黒くなってしまうことと、耐陰性があって、少々日当たりが悪くても生育することから、明るい室内や戸外の明るい日陰で育てられることが多いです。

<春>戸外の日当たりでも半日陰でも日陰でもOK。もしくは室内の日当たりのいいところ。
<夏>直射日光の当たらないところ。戸外の半日陰や日陰、室内の直射日光が当たらない場所。
<秋>戸外の日当たりでも半日陰でも日陰でもOK。もしくは室内の日当たりのいいところ。
<冬>室内の人が生活する場所で、出来るだけ明るいところ。

その他

トックリヤシの枝を切って挿し木すると、増やすことが出来ます。でも、根本は膨らまず、トックリヤシなのに「トックリ」ではなくなります。トックリヤシの根本が膨らんでいるのは「実生」・・・つまり種から増やしたものだけです。そのために手間が掛かるので「トックリヤシ」って見かけなくなっています。

水を控えるのが育てるコツなのですが、水を控えると、カイガラムシが発生します。カイガラムシは幼虫は捕殺、成虫は古いハブラシでそぎ落としてしまいます。アブラムシも発生します。

予防としてはオルトランを撒いておくのがよいです。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

根本が徳利のように膨らんでいることから、トックリヤシと呼ばれるヤシ科の植物です。トックリランという植物と混同されがちですが、別種です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ヤシ科の仲間


ヤシ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用