ウツボカズラの育て方

MENU
TOP>ウツボカズラ科>ウツボカズラ
スポンサードリンク

ウツボカズラ(靫葛)

ウツボカズラ
科名ウツボカズラ科
属名ウツボカズラ属
学名Nepenthaceae
別名靫葛
みずやり水を好む
場所季節による
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ツタ植物で、成長したときに邪魔になることがあります。邪魔なら早めに切り戻して短くしておきます。そうすることで、捕虫器もつきやすくなりますし、管理もしやすいです。

水やりと肥料

うつぼかずらは水を好みます。5月から夏に掛けての生育する時期は水が切れないようにします。

空気中の湿度が高い状態を好みます。土への水遣りとは別に、一年中しっかりと葉っぱに霧吹きで水を掛けてやって水分を補給して下さい。

霧吹きでの葉水が足りないと捕虫器(筒状の水が溜まったアレ)がしぼんでしまいます。

秋以降は水やりの頻度を減らし、冬は土への水やりは土が乾いてから数日たってやる程度にします。その代わり、葉っぱへの霧吹きはしっかりとしてください。

肥料は生育期間に二ヶ月に一回程度、液肥をやります。やりすぎないようにしてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水切れを嫌います。店頭で売っているウツボカズラは土で植わっていますが、植え替えをするときは「水ゴケ」で植え替えをします。

株を抜いて、土やミズゴケを落として、古い黒く変色した根もハサミでキレイに切ってしまいます。新しいきれいな水ゴケに替えます。根を水ゴケで包む感じです。

管理場所・日当たり

基本的に日当たりを好みます。春と秋は戸外か室内の日当たりで管理します。真夏は強い直射日光で葉っぱが焼けてしまいますので、日陰か半日陰に移動させます。冬は室内の日当たりで管理します。
秋に戸外で管理している場合、15度以下になると捕虫器が枯れてしまいますので、早めに室内に取り込みます。

冬は10度以上の場所で管理すれば越冬するのですが、10度で越冬しても「どうにかやっと、越冬した」程度のことで寒さで株がすっかり弱ってしまい、春になっても回復するのに時間がかかります。捕虫器は15度以下になるとしぼんで枯れてしまいます。15度以下にしないためには、夜はダンボールや発泡スチロールの箱をかぶせて保温します。それでも相当難しいです。本格的に越冬させるには最低でも15度以上を保てる「温室」がないとむつかしいです。

特徴・由来・伝承

ウツボカズラは葉っぱの一部が筒状に変化し、その中にたんぱく質を溶かす水が大体三分の一ほど溜まっています。そこに虫などが落ちて溶けて栄養としてウツボカズラに吸収されます。フタが付いていますが、これは中に雨が入らないようにするためのもので、これが閉じて虫を閉じ込めるということはありません。

世界中で70種ほど確認されています。しかし高山に変異したものが多く見つかっていて、まだまだ未知のウツボカズラが発見される可能性はあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ウツボカズラの日記

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用