モンキーツリー(クレイニアネリイフォリア)の育て方…水やりは控えめ!特に夏は休眠するので注意

TOP >キク科>>管理

モンキーツリー(クライニアネイフォリア・天竜)

モンキーツリー
科名キク科
属名クレイニア属
学名Kleinia neriifolia Haw.
別名クライニアネイフォリア・天竜
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

モンキーツリーの育て方

モンキーツリーの育て方
文章の修正モンキーツリーは常緑低木多肉植物。木の茎に触ると幸せになる、という言い伝えがあるキク科の植物。茎に水を溜め込んでいます。夏に休眠するので、夏場に水を控えることが、注意するくらいで、あとは室内の日当たりで管理すれば何年も成長する観葉植物としては簡単な部類の植物。多肉植物なので水やりは控えめに。
夏に葉が落ちる
キク科で多肉植物、というだけでもちょっとピンと来ないですが、夏場に休眠します。休眠すると葉っぱが落ちますが、枯れてないです。水の吸い上げが鈍くなり、水を同じようにやっていると、根が腐って枯れてしまいます。夏は水やりを控えめにします。涼しくなると葉っぱが出てくるので、気にしない。
まとめ
●水やりは控えめ。
●夏は二週か三週に一回の水やり。
●冬は更に水やりを控えて、一ヶ月に一回くらいの水やり。
●春と秋に薄い液体肥料をやり科、緩効性化成肥料を少量やる。7月8月は休眠しているので肥料をやらない。
●植替えは4月5月が適期。二年に一回植え替える。
スポンサーリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
文章の修正乾燥に強く過湿に弱い
春と秋は土が乾いたら、鉢から水が染み出すくらいにしっかりと水をやってください。モンキーツリーは多肉植物で、過湿に弱いです。土が濡れている状態が長く続くと根が腐ってしまいます。逆に乾燥に強いので、水やりはとにかく控えめにする。

夏の水やりに注意
7月・8月の夏場は休眠してしまい、水の吸い上げが鈍ります。水を控えて下さい。夏は日陰で管理し、水やりは土が渇いてから数日経ってから水をやります。水をおなじようにやっていると、根が腐ってしまいます。夏は若干葉が落ちます。
●夏は葉っぱが落ちますが、枯れていないです。水やりは控えますが完全に水を絶たないようにします。
●夏に葉っぱが落ちると水切れじゃないか?と不安になって水をやってしまうが、これで根腐れして枯れるので注意する。
●夏の水やりは二週間に一回か、三週間に一回程度。もっと少なくても良いくらい。

冬も水を控える
冬は寒さで成長が鈍りますので、水を控えます。土が乾いてから数日経って水をやります。真冬は一ヶ月に一回程度の水やりになります。
●冬は表面的には土が乾いていても、鉢の中の土には水がたっぷり残っていることがあります。鉢を持ち上げてみて軽いなら水をやります。もしくは割り箸を土に突っ込んでみて割り箸が濡れていなければ水をやるようにします。これでかなり根腐れを予防できます。

春と秋に肥料を
春5月くらいに一回、9月に一回緩効性化成肥料を少量やるか、夏(7月8月)以外の春から秋の間に薄い液体肥料を二週に一回程度、水の代わりにやります。夏はモンキーツリーが休眠中ですので肥料をやらないようにします。夏に肥料が残っていると株が傷んでしまいます。

植え付け・植えかえ・挿し木

植え付け・植えかえ・挿し木
文章の修正鉢底から根がはみ出しているならば、植え替えを検討しましょう。

サボテン用の土で
多肉植物で、水持ちの良いものだと根腐れします。水はけのよい土を好みますので、用土はサボテンの専用土を使うか、赤玉土腐葉土2川砂1を混ぜたものを使います。
植え替え
古い鉢から株を取り出し、土を崩して、古い根を少し切り、古い土を三分の一ほど落としてから、新しい鉢に植え替えます。鉢の底に網を敷いて、その上に軽石を二センチほど敷いて、その上に用土を入れて、株を入れて隙間に土を入れます。最後に水をやらないでください。水をやるとそのまま根腐れしてしまいます。
挿し木
春(4月5月)の新芽の茎を10センチほど切って、切り口を日陰で乾燥させてから、赤玉土単用か川砂単用の苗床に挿します。土は乾燥しきらないようにしますが、他の挿し木のように濡れた状態が長く続くと発根しないです。

管理場所・日当たり

文章の修正春から秋は戸外が好ましい。
春と秋は日光に当て、夏は明るい日陰で管理します。モンキーツリーは夏の暑さが苦手。もしくは春と秋は室内の日当たり、夏はカーテンなどで遮光します。
●夏は暑さで休眠します。葉っぱがチラホラと落ちてしまいます。葉っぱが落ちるのは株の消耗を減らすためのもので生理現象です。

冬は室内で
耐寒温度は5度以上でそれ以下になると枯れてしまいます。最低温度が10度以下になる前に室内に取り込んでください。冬は室内の日当たりで管理して下さい。昼間に暖房が掛かっている部屋では、寝る前に暖房を切っても夜明けまでに5度以下になることはないですので、そういうところで管理します。リビングなどです。
●冬は水やりを控えることでモンキーツリーの体液が濃くなり、寒さに強くなります。
●室温はできれば10度以上が好ましい。10度以上だと落葉せずに冬越ししやすい。
●冬は寒さで落葉する。これも消耗を抑えているだけで生理現象。

病害虫

文章の修正コナカイガラムシ
白い塊がついていたらコナカイガラムシです。スミチオン乳剤を散布して駆除するか、数が少ないならティッシュや歯ブラシで削ぎ落とします。成虫は薬剤が効かないので、薬剤は一回では効果がないので、二週間おきくらいに3回か4回ほど散布する必要があります。
ハダニ
葉っぱの汁を吸います。薬剤を散布して駆除します。

特徴・由来・伝承

文章の修正カナリヤ諸島原産のキク科植物。常緑低木かつ多肉植物。学名はクレイニア・ネリイフォリア。
スポンサードリンク

関連記事

ミニヒマワリ
ミニヒマワリ(矮性ヒマワリ)は小さく育つように品種改良したものか、大きくならないように薬品処理したもの。性質はヒマワリと同じ。境目はかなり曖昧。丈が80センチ以下くらいで「ミニひまわり」「矮性ヒマワリ…
ウィンターコスモス
[+[まとめ] ●頑健な植物。 ●比較的乾燥を好む。 ●9月10月に根元から20センチほどのところで切り戻すと小さくまとまる。 ●寒さに強く、暑さに弱い。夏には消えるもの。 ●耐寒性・耐暑性は品種によってかなり…
クジャクソウ
クジャクソウはキク科シオン属の宿根草。夏の暑さにも冬の寒さにも強い。冬は地上部がなくなるが春には芽吹く。 草丈が高くなり、そのまま育てていると間違いなく秋には倒れてしまいます。梅雨前に切り戻しをする…
マリーゴールド
マリーゴールドはキク科の春蒔き一年草。春(もしくは初春)に植えて、秋まで楽しんで、冬には枯れてしまうと考えてください。春先以降に出回る苗を植えるのが一般的です。種を蒔いて増やすことも出来ますが、普通…
ガーデンマム
ガーデンマムは流通名・属名で、ガーデンマムという植物はありません。庭植えように品種改良されたキクです。育て方はキクを参考にすれば、問題なく育てられます。ガーデンマムは庭植え用とされるだけあって、ガー…
ダールベルグデージー
[まっすぐ縦に伸びず四方に広がる] ダールベルグデイジーは四方に倒れ気味に伸びていきますのでハンギングバスケットで吊るしたり、花壇やコンテナーのふちを埋めるのに最適です。ハンギングだと直径30-40セ…
スマイルラッシュ
[育て方の概要] スマイルラッシュはヒマワリの品種。矮性で、露地植えにした場合でも丈は40cm程度。鉢植えだと30cmくらい。分枝しやすく、花が複数開花する。オレンジの花びらで中心は茶色(か黒)。花粉が出ない…
マーガレット
関東よりも南の地域では戸外での越冬も可能ですが、そうはいっても霜に当たれば枯れてしまいます。露地植えは避けて、鉢植えにして、暖地の冬は霜の当たらない軒下か日の当たる室内で管理してください。寒冷地では…
プチダリア
[ダリアとはちょっと違う] プチダリアはダリアから交配を繰り返して作り出した小さい品種です。春から夏・初秋まで花が咲き、冬は休眠します。育て方は一般的なダリアと同じですが、ダリアが一輪を大きく育てるの…
ヒマワリ
[概要] ヒマワリはキク科の一年草。苗を植えて二ヶ月から三ヶ月後に開花して種子ができて終わり。花を摘芯すると脇芽が出るが、基本的にパッと育ってパッと開花して終わり。5月に植えて7月に開花し萎んで、7月から…

人気記事

ハイドロカルチャー
[水耕栽培の一種] ハイドロカルチャーというと、赤い粒々(ネオコールとかレカトン・ハイドロボールと言われるもの)が沢山入ったガラス容器に植わった「植物」というイメージですが、「ハイドロ」は水の意味で、…
ツゲ
[育て方の概要] ツゲはツゲ科の常緑低木。庭木としてはあまり利用されない。庭木に植えられているのは一般的には「イヌツゲ」や「ボックスウッド」の方。雌雄同株。3月4月に開花し、9月10月ごろに結実する。寒冷地…
肥料
植物が生育する上で必要な成分のことで、主にリン、窒素、カリを指し、他にもカルシウムやマグネシウムも含まれます。農作物を育てるということは、土中の肥料成分を植物に移動させるという言い方が出来ます。その…
夜香木
昼は閉じていますが、夜になると花が開き強烈な香りがします。夜香木はナス科の木で二メートルか三メートルまで成長します。夜来香(イエライシャン)とも呼ばれることがありますが、夜来香(イエライシャン)は本…
リトルミッシー
[見た目がかわいい] ミッシーとは英語で若い娘; お嬢さんというように見た目が非常にかわいらしい多肉植物です。状態がよければ小さな白い花が4月から9月あたりに咲きます。 [グランドカバーに最適] 横広がり…