プルモナリアの育て方

TOP > ムラサキ科 > 更新日

プルモナリア

nophoto
科名ムラサキ科
属名プルモナリア属
学名Pulmonaria
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

プルモナリアの育て方

文章の修正概要
プルモナリアはムラサキ科の宿根多年草。冬は落葉して根で越し、春に雪を割って花を咲かせます。その後夏から秋は葉っぱを楽しむカラーリーフと考えて下さい。冬になると落葉しますますが根は生きていますので、また春になると新芽を吹き、花が咲きます。丈夫。
花は青だけでなく紫、白、ピンクと多色あり、品種によっては咲きはじめと終わりで色合いが違い、一つの株の中に二種類の花色が見られるものもあります。また花が終わっても葉っぱが美しいのがプルモナリアの魅力です。
草丈10cmから40cm
まとめ
●プルモナリアはムラサキ科の宿根草
半日陰を好む。夏の高温多湿・乾燥が苦手。日当たりだと葉っぱが汚くなる。
●寒さには非常に強い。凍結にも霜にも強い。
シェードガーデン向きの植物の赤でも育てやすい。斑入り品種だとカラーリーフとしても。
水やりは乾燥に注意。庭植えにした場合は、株元にマルチングをして乾燥対策をする必要があるかも。
●鉢植えの場合は土が乾き始めたら水やりをする。


品種・仲間
プルモナリア・ブルーエンサイン(Plumonaria ‘Blue Ensign’)
プルモナリア・ルイスパルマー(Plumonaria ‘Lewis Palmer’)
プルマナリア・マジェステ(Plumonaria ‘Majeste’)
プルマナリア・オパール(Plumonaria ‘Opal’)
プルマナリア・スルベラード(Plumonaria saccharata ‘Silverado’)
プルマナリア・ロンギフォリア・セベネンシス(Plumonaria longifolia subsp.cevennensis)
プルマナリア・コットンクール(Plumonaria ‘Cotton Cool’)
プルマナリア・ノーザンライツ(Plumonaria ‘Northern Lights’)
プルマナリア・ダイアナクレア(Plumonaria ‘Diana Clare’)
プルマナリア・デビッドワード(Plumonaria rubra ‘David Ward’)
プルマナリア・トレビフォンテン(Plumonaria ‘Trevi Fountain’)
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

プルモナリアの水やり

文章の修正水やり
鉢植えの場合、土が乾き始めたら水をやるようにする。乾燥に弱く、水が切れないようにしてください。水が切れると葉っぱが傷み、枯れ込んできます。プルモナリアはちょっとジメジメした状態を好みます。冬は地上部がなくなり、活動していないので水やりは控えめにします。土が乾いてからやる程度にします。
庭植えした場合、いつもジメジメしている場所ならこれといって水はやらなくても大丈夫です。
●庭植えの場合で、乾燥気味の場所に植えてしまった場合は、株元にバークや腐葉土でマルチングして蒸発を防ぎます。

プルモナリアの肥料

文章の修正肥料
芽を出し出す2月から開花する5月まで緩効性化成肥料を月に一回やるか、液体肥料を二週に一回やります。また、涼しくなった秋(10月11月)に同様に肥料をやります。
●プルモナリアは暑さ・乾燥に弱いので夏に肥料をやらないようにし、肥料成分が夏に残らないようにします。夏は弱りがちなので、この弱った時期に肥料をやるとトドメを刺しかねません。

植え付け・植えかえ

植え付け・植え替え時期

文章の修正植え付け・植え替え時期
植え付け・植え替えは春(3月から5月)か秋(10月11月)に行いますが、真夏以外ならば少々リスクはありますが植え替えても大丈夫です。鉢植えの場合は2年か3年に一回植え替えをします。庭植えも5年に一回掘り出して株分けするといいです。

用土

文章の修正用土
市販の花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。もしくは山野草向けの用土でもいいです。庭に植える場合は、土に腐葉土を庭土に対して2割と緩効性肥料を少量混ぜ込みます。
●用土の配合例…赤玉土2鹿沼土3軽石2腐葉土3
●用土の配合例…赤玉土7腐葉土3

鉢の植え替え

文章の修正鉢の植え替え
同じ大きさの鉢か、ひとまわり大きな鉢を用意します(1号か2号大きな鉢)。株の土を3分の1ほど落として植え替えをします。鉢底の穴を網で塞いで、その上に軽石を2cmから3cmほど入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れていきます。最後に水をやって完成です。
●植え替えの時に株分けも可能。
●株が横へと広がるので鉢植えより庭植え向きの植物。

庭植えの植え付け

文章の修正庭植えの植え付け
深さ30cmほど掘って、掘り出した土に腐葉土を2割ほど追加し、緩効性化成肥料を足してよく混ぜて用土とします。用土を半分戻して株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成。
●株同士は30cmほど空ける。

管理場所・日当たり

文章の修正春から秋の管理場所
プルモナリアは暑さと乾燥を嫌うために、半日陰や明るい日陰で育てる植物です。日当たりで無いと花がつかないということもなく、半日陰でも十分花が咲きます。木陰や建物の影になるような場所が適しています。
●半日陰で育てていれば、これといった何もしないでも夏越しは可能です。
●日当たりでも風通しがよく、涼しいのであれば生育します。ただ葉っぱが傷みやすく、おすすめしません。日当たりの方が花つき自体はよくなりますが、葉っぱが汚くなる件を考慮するとやっぱり半日陰がいいですね。

冬の管理場所
耐寒温度マイナス15度。寒さにはかなり強い。冬は地上部が枯死する宿根草で春にはまた芽吹く。戸外で管理していて霜にも凍結にも枯れません。非常に頑健です。

病害虫

文章の修正ナメクジ
ジメジメした場所で管理するためにナメクジが発生しやすい。ナメクジは捕殺するか、ビールトラップを仕掛けるか、薬剤で殺します。
ウドンコ病
ウドンコ病は葉っぱなどに白い粉が吹く病気。原因はカビ菌で、そこいらへんに常在しているため。

剪定

文章の修正剪定は冬
プルモナリアは冬に落葉します。冬に入って地上部がなくなったら地上部をキレイに切ってしまいます。

特徴・由来・伝承

文章の修正半日陰を好む植物で、シェードガーデンでよく利用されます。春に花が咲きますが、それだけでなく葉っぱに模様があり、それにも鑑賞価値があります。高温多湿に弱いとはいえ、半日陰で育つ頑健で便利なガーデニング材です。鮮やかな青は目を引く。
ヨーロッパからバルカン地方あたりに自生する植物です。

関係記事・人気記事

ワスレナグサ

ワスレナグサワスレナグサ
ムラサキ科
(ワスレナグサ属)

ボリジ

ボリジボリジ
ムラサキ科
(ボラゴ属)

ヘリオトロープ

ヘリオトロープヘリオトロープ
ムラサキ科

ホタルカズラ

ホタルカズラホタルカズラ
ムラサキ科
(ムラサキ属)
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用