フウロソウの育て方

MENU
TOP>フウロソウ科>フウロソウ
スポンサードリンク

フウロソウ

フウロソウ
科名フウロソウ科
属名フウロソウ属
学名Geranium
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

フウロソウはゲンノショウコ・アケボノフウロ・ヒメフウロなどあります。一口にフウロソウといっても、アメリカフウロはほぼ雑草です。ゲンノショウコも山野草というか薬草というか、雑草です。ヒメフウロソウ・アケボノフウロは……うーん前の二つよりも育てるのはムツカシイです。難しいといっても、難儀なのは夏の暑さくらいで、環境さえ合えば放任で構わない植物です。

水やりと肥料

鉢植えの場合、土が濡れていたら水はやらず、土が乾燥してから水をしっかりとやります。しっかりというのは鉢底の穴から水が出てくるくらいに!ってことです。庭植えにすればよほど乾燥しない限りは水やりはほぼ不要です。
肥料は控えめに
春と秋に薄い液肥を二週間に一回程度やります。無くっても枯れるわけではありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。庭植えする場合は、庭の土が粘土質で水はけが悪いならば川砂を混ぜて水はけをよくしてから植え付けをします。鉢植えにするのであれば、山野草の培養土で植え付けをしましょう。

出来れば庭植えで…その理由は
草丈が低く、その上、根が浅い。ヨコヘヨコヘと広がっていく性質のために、小さな鉢に植えると、鉢に対してあまりにボリュームが少なく、なんだか悲しい。出来れば庭植えしてください。鉢植えでも育てられますよ。

株分けは春か秋
株が増えて窮屈になったら、春か秋に植え替えと株分けをします。適当に裂いて株分けをします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日向を好みますが、真夏の直射日光や西日には弱く、西日が差し込まない場所で管理します。6月から9月は寒冷紗などで30%から50%遮光した場所で育てます。
西日は避けて
真夏の暑さで消えてしまうことが多いフウロソウ。夏は半日陰……午後に日が当たるのではなくて午前に日が当たる場所か、それがダメなら明るい日陰に移動させて管理しましょう。
鉢植えの場合は、ハンギングにして吊るして風通しの良い場所で管理すると良いです。
●ただし、最近の改良品種は夏の暑さにも比較的強くて夏越ししやすくなっています。それでも暖地で夏越しは難しい。
●夏の高温対策として二重鉢にすると良いです。

冬の管理場所
寒風が通り抜けるような場所は避けます。

特徴・由来・伝承


フウロソウ科フウロソウ属の学名はGeranium…ラテン語読みでゲラニウム属。もともとゼラニウムと同じ属だったのが、ゼラニウムはテンジクアオイ属(Pelargonium…ペラルゴニウム属)へと移りました。ところが、その頃の名残で、現在でも流通上はペラルゴニウム属に移った種類も「ゼラニウム」として流通しています。ここで扱っているフウロソウは、ゲンノショウコなどの仲間で、フウロソウ属(ゲラニウム属)の植物のことです。
愛らしい野草風
小さな花がポツポツと咲きます。楚々とした可憐な花が長く咲き、秋になると葉っぱが紅葉します。交雑していて、細かい品種の同定はもうよくわからないようになっています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

フウロソウ科の仲間


フウロソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用