ウドンコ病

MENU
TOP>病害虫>ウドンコ病
スポンサードリンク

予防法

乾燥すると発生しやすい
乾燥すると発生しやすいので、葉っぱにも水を掛けるようにする。あとは風通しよくなるように葉っぱを間引くなどします。
発見次第焼却
葉っぱが白く粉を吹いているようならば、ウドンコ病とみて間違いありません。発症しているところから別の葉っぱへ被害が広がる前に、葉っぱを切除・焼却します。焼却がムツカシイならゴミ袋に入れてゴミの日に出す。とにかく植物から離してしまいましょう。
ウドンコ病の発生要因
発生要因は乾燥・高温などと言われますが、一番は植物が弱ること。そういった意味合いでは日光不足・肥料過多・肥料不足・連作障害といったものも理由に入ります。元気だと発生しづらいです。
スポンサードリンク

ウドンコ病特徴

植物に対応したウドンコ病がある
ウドンコ病は細菌による病気で、非常に多くの種類のウドンコ病菌があります。ですが、一つの種類のウドンコ病で発症する植物は一種なのです。バラならバラ専門、ウリならウリ専門。例えばバラに発生したウドンコ病は他の植物へは感染しません。
死んだ植物には発生しない
生きている植物にだけ発生します。落ち葉には発生しません。冬は宿根草の根で静かにしています。

ウドンコ病を食べるテントウムシ

ウドンコ病の発症した白い葉っぱにむさぼりつくように黄色いカメムシに似たテントウムシを見かけることがあります。
カメムシじゃなくてテントウムシ!しかも!
このテントウムシ、ウドンコ病を食べています。菌糸を専門に食べるなんてマニアック。しかし効果はちょっと疑問。あなたの庭がいろんな種類の植物を育てているくらいのものならばテントウムシに食べさせれば、いずれウドンコ病は消えますが、「畑」レベルに達していると(ようは同じ植物を沢山植えている)、ウドンコ病の感染力の方が強く、病気は広がる一方です。やっぱり見つけ次第切除・隔離が基本です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

病害虫の仲間


病害虫の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用